三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「おさかな」  金子みすゞ

投稿日:2019年8月6日 更新日:

海の魚はかわいそう。

お米は人につくられる、

牛は牧場で飼われてる、

鯉もお池で麩を貰う。

けれども海のおさかなは、

なんにも世話にならないし、

いたずら一つしないのに、

こうして私に食べられる。

ほんとに魚はかわいそう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大正12年(1923年)、雑誌『童話』9月号に初めて載ったみすゞさんの出世作。手書き童謡集の2作目です。

金子みすゞ(本名金子テル)さんの詩に心打たれ、のちに埋もれていた手書き童謡集を見つけだし、金子みすゞの詩を広く世に送り出したのは、童謡作家矢崎節夫さんです。矢崎節夫さんの解説は、‘金子みすゞの世界’に私たちをいざなってくれます。

この「おさかな」の詩を読んで

あなたは、

だから、僕はお魚を食べない でしょうか?

だから、僕はお魚を一生懸命いただきますか?

そして、この度 

料理したお魚の写真をアップした自分に驚いています。

あなたは、海の中の泳ぐ魚をイメージしますか?

陸の魚ですか?

配膳されたお魚ですか?

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2冊の本 金子みすゞ童謡集<睫毛の虹>

子どもの心の動きをとらえていて、思わずフフッと笑ってしまう、お茶目なみすゞさんの詩が、<睫毛の虹>です。 <睫毛の虹> ふいても、ふいても 湧いてくる、 涙のなかで おもうこと。 ーーーあたしはきっと …

《ばあやのお話》     詩・金子みすゞ

ばあやはあれきり話さない、 あのおはなしは 好きだのに。 「もうきいたよ」といったとき、 ずいぶんさびしい顔してた。 ばあやの眼には、草山の、 野茨(のばら)のはなが映ってた。 あのおはなしがなつかし …

バスの中・・・菊の花束

 故郷にて、バスに乗った。結構混んでいたのでバスの後方に行き、相席を一つ見つけた。挨拶して座ろうとしたが、隣りの方は菊の花束を持っていて、こっちの席に少しはみ出していた。花に触ってはいけないと思いなが …

One Family Under God~1983年7月14日 ケニヤ・ナイロビ到着

 古いパスポートを見ると、日本出国は1983年7月13日、ケニヤ入国は7月14日になっている。主人と私とちょうど10ヶ月になった娘と共に、ケニヤ・ナイロビのジョモ・ケニヤッタ空港に降り立った。成田空港 …

みすゞが愛した「弁天島」  ~仙崎に行ってきました~

金子みすゞは山口県大津郡仙崎村(今の長門市)に生まれました。故郷の町を愛したみすゞさんです。3冊の詩集を作ったとき、1冊目の詩集を「美しい町」と題し、3冊目の「さみしい王女」の詩集の中でも<仙崎八景> …

 

  • 41現在の記事:
  • 7今日の閲覧数:
  • 153昨日の閲覧数:
  • 25606総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 121昨日の訪問者数:
  • 106一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: