三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「ふしぎ」 金子みすゞ童謡絵本より

投稿日:2019年8月18日 更新日:

わたしは ふしぎで たまらない、

くろい くもから ふる あめが、

ぎんに ひかっている ことが。 

わたしは ふしぎで たまらない、

あおい くわの は たべている、

かいこが しろく なる ことが。

わたしは ふしぎで たまらない、

たれも いじらぬ ゆうがおが、

ひとりで ぱらりと ひらくのが。

わたしは ふしぎで たまらない、

たれに きいても わらってて、

あたりまえだ、と いう ことが。

*金子みすゞ童謡絵本 ほしとたんぽぽ より 上野紀子・絵

*不思議だなあ~とは、誰もが思うことがあるでしょう。

 でも、みすゞさんは 不思議でたまらない、、、と表現しています。

 みすゞさんは、ちいさな子どもたちの<不思議こころ>を応援してくれ、

 また、童心を忘れ、有り難いことも当たり前に思う私のこころに

 さわやかな風を送ってくれます。

 

 

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

映画Sister Act  『天使にラブ・ソングを』の思い出

 1993年にアフリカから帰国した家族にとって、特別な映画は『天使にラブ・ソング』だった。1992年に製作されたというアメリカ映画がテレビで放映され、ビデオに収めて何度も何度も観た。  すでに、日本の …

50数年ぶりの中学校

 今、実家に来ています。いつもはほとんど親戚と一緒ですが、ひとりになる時間があり、50数年前に通った中学校に行ってみることを思い立ちました。  中学校の門構えは、前の道路の道幅を増すため改修工事がされ …

どちらを向いて咲くのかな

こちらは朝です。 今日のオーシャンブルーはひとつだけ。 お隣さんのために咲いてくれました! ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

「木」・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

お花が散って 実が熟れて、 その実が落ちて 葉が落ちて、 それから芽が出て 花が咲く。 そうして何べん まわったら、 この木は御用が すむかしら。 A Tree Poem : Misuzu Kanek …

鮭の一生・・・妹へ

サケという魚はとてもタフな魚です。日本の川で生まれるのに、アメリカやロシア近くの海まで行って大きくなり、そして3~4年後卵を産むために自分の生まれた川に戻ってきます。これを母川回帰といい、98%のサケ …

 

  • 42現在の記事:
  • 30今日の閲覧数:
  • 156昨日の閲覧数:
  • 25326総訪問者数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 107一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: