三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「わらい」 童謡詩人・金子みすゞ

投稿日:

わらい  金子みすゞ

それはきれいな薔薇いろで、

芥子(けし)つぶよりかちいさくて、

こぼれて土に落ちたとき、

ぱっと花火がはじけるように、

おおきな花がひらくのよ。

もしも泪(なみだ)がこぼれるように、

こんな笑いがこぼれたら、

どんなに、どんなに、きれいでしょう。

*『金子みすゞ花の詩集1』より   絵・よしだみどり

みすゞさんの詩は、とても色彩が豊かですね。「わらい」という目にみえないものも、‘薔薇色’であり、真っ黒な夜空に光る色とりどりの‘花火の色’のようなのですね。また、芥子粒よりか‘小さい’ものと‘大きな’花との比較、泪と笑い、‘はじける’、‘こぼれる’など反対語や余韻のある言葉がちりばめられています。

それにしても、‘ぱっと花火がはじけるような’笑いって、素敵ですね^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

繭と墓(マユとハカ)・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

蚕(カイコ)は繭(マユ)に はいります、 きゅうくつそうな あの繭に。 けれど蚕は うれしかろ、 蝶々になって 飛べるのよ。 人はお墓へ はいります、 暗いさみしい あの墓へ。 そしていい子は 翅が生 …

お祖母ちゃんと一緒にA~B~C♪

つい先日、以前の私の投稿「七十の手習い」を読んで下さった方がおられたようです。ありがとうございます。でも、投稿は2回だけになってしまい、「その後どうなったんだろう?挫折したのかな?」と、ご心配いただい …

朝の香り

今朝も「朝顔」が元気な顔を見せてくれました〜 朝の冷気に包まれて ピンとはった花びらから 朝の香りが漂っていました❣️ リンク

土=The Ground・・・ Poem:Misuzu Kaneko

こッつん こッつん 打たれる(ぶたれる)土は よい畠になって よい麦生むよ。 朝から晩まで 踏まれる土は よい路になって 車を通すよ。 打たれぬ土は 踏まれぬ土は 要らない土か。 いえいえそれは 名の …

しっかり者の長女の長女

 私には6人の孫がいる。私の長女の長女は外国の孫Ⅰで、現在5歳4ヶ月になる。昨年7月に待望の妹が生まれた。長女は育休期間の間にと、今年2月に2人の娘を連れて里帰りしてくれた。  外国の孫Ⅰは同居の孫Ⅰ …

 

  • 27現在の記事:
  • 101今日の閲覧数:
  • 198昨日の閲覧数:
  • 24854総訪問者数:
  • 66今日の訪問者数:
  • 159昨日の訪問者数:
  • 101一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: