三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「明るい方へ」 郷土の童謡詩人・金子みすゞ~素直に生きる~

投稿日:

明るい方へ 金子みすゞ

明るい方へ

明るい方へ。

一つの葉でも

陽の洩るとこへ。

藪かげの草は。

明るい方へ

明るい方へ。

翅は焦げよと

灯のあるとこへ。

夜飛ぶ虫は。

明るい方へ

明るい方へ。

一分もひろく

日の射すとこへ。

都会に住む子等は。

*金子みすゞ 花の詩集2 絵・よしだみどり

P.S.) 100年前、日本の片隅の田舎にひっそり生きた女性の、人生の応援歌をあなたにお届けします。

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

One Family Under God ~1983年7月 苦かったグァバの実

 ケニヤの友人の教会には小さな庭があり、南国の草木が生えていた。ともに生活していた10歳くらいの少年がいて、娘と同い年の友人の娘さんといつも遊んでいるようだった。私の娘もすぐに打ち解けて、皆で庭に出て …

おひさん あめさん     <金子みすゞ童謡絵本>

2002年に発行された 金子みすゞ おひさん あめさん という童謡絵本があります。森川百合香・絵 矢崎節夫・選 で、金子みすゞの詩が15編載っています。 ≪おひさん あめさん≫ ほこりの ついた しば …

「障子」 金子みすゞ

お部屋の障子は、ビルディング。 しろいきれいな石づくり、 空まで届く十二階、 お部屋のかずは、四十八。 一つの部屋に蠅がいて、 あとのお部屋はみんな空(から)。 四十七間の部屋部屋へ、 誰がはいってく …

一重咲きの、、、松葉ボタン

立てば芍薬(シャクヤク) 座れば牡丹(ボタン) 歩く姿は百合(ユリ)の花 と、昔から言われますね〜 美しい女性の姿を形容した言葉です。 美しい花の代表に選ばれた牡丹の名をいただいた松葉ボタン、、、 先 …

童謡詩人・金子みすゞ「お菓子」~良心の痛み

おかし   童謡詩人・金子みすゞ いたずらに一つかくした 弟のおかし。 たべるもんかと思ってて、 たべてしまった、 一つのおかし。 かあさんが二つッていったら、 どうしよう。 おいてみて とってみてま …

 

  • 61現在の記事:
  • 53今日の閲覧数:
  • 105昨日の閲覧数:
  • 37726総訪問者数:
  • 45今日の訪問者数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 51一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: