三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「木」・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

投稿日:2019年12月6日 更新日:

お花が散って

実が熟れて、

その実が落ちて

葉が落ちて、

それから芽が出て

花が咲く。

そうして何べん

まわったら、

この木は御用が

すむかしら。

A Tree

Poem : Misuzu Kaneko

Translation,Illustration : Midori Yoshida

Flowers fall

Fruit ripens,

The fruit drops

Leaves fall,

Then, buds come out

And flowers bloom.

And so I wonder

How many times

This will go round,

Until this tree completes its task.

 野生の木は自然と生え、その自然の中に人間も生きているというのが、私たち日本人の自然の考えではないでしょうか?

 ところが、みすゞさんは木が生きているのは御用のためだと言っています。木が枯れて土に帰ることを御用がすむことだと感じたみすゞさんです。

 御用というのは、生命の育みですね。

 御用を与えたお方がおられるのですね!

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『アンパンマンとうたって♪おどろう🎵』 同居の孫Ⅱ

私たち夫婦には、現在6人の孫がいます。同居の孫Ⅰ・Ⅱ と、都会の孫Ⅰ・Ⅱ と、海外の孫Ⅰ・Ⅱ です。婆バカと言われるのを覚悟で、「まごまご日記」を時々書いてみます^^  同居の孫Ⅱは、現在1歳10ヶ月 …

IHクッキングヒーターに適切な鍋・・・故郷の店員さん

 先日の里帰りの折、甥が使っていたIHクッキングヒーターで湯を沸かしていて、空焚きしてしまった。運よく台所に戻り、慌ててスイッチを切ったが、その後気のせいか焦げ付いたような臭いを感じた。再びスイッチを …

「芝居小屋」 童謡詩人・金子みすゞ

蓆(むしろ)でこさえた 芝居小屋、 芝居はきのう 終えました。 のぼりの立ってた あたりでは、 仔牛が草を たべている。 蓆でこさえた 芝居小屋、 夕日は海に しずみます。 蓆の小屋の 屋根のうえ、 …

私の故郷・・・令和の時代

 18歳の年にふるさとを離れて50年と7ヶ月。その後、数えるほどにしか戻ることのなかったふるさとに、思わぬ妹の病気で里帰りしています。今までは里帰りすれば、いつも妹が車で駅まで迎えに来てくれて家に帰り …

死後の世界(霊の存在)を信じますか?・・・洋画『The Sixth Sense』 

 1999年のアメリカのミステリー映画。  死者が見えるという第六感を持った少年と、彼をサポートしようとする小児精神科医の交流の物語です。しかし、実はその小児精神科医こそが、死者たる霊人であったという …

 

  • 45現在の記事:
  • 101今日の閲覧数:
  • 198昨日の閲覧数:
  • 24854総訪問者数:
  • 66今日の訪問者数:
  • 159昨日の訪問者数:
  • 101一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: