三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「雲」 童謡詩人・金子みすゞ

投稿日:2019年8月7日 更新日:

私は雲に

なりたいな。

ふわりふわりと

青空の

果から果を

みんなみて、

夜はお月さんと

鬼ごっこ。

それも飽きたら

雨になり

雷さんを

供につれ、

おうちの池へ

とびおりる。

=====================

1960年代後半、女性歌手・黛ジュンさんの「雲に乗りたい」という歌が流行しました。青春時代のその曲を、今も時々口づさみますが、雲と言えば、つかみどころのないものです。その雲に乗るのは夢のまた夢です。

幼い頃、あなたは空の上の雲を見て、どんな遊びをしたでしょう? 

「アー あの雲 ウサギみたいだ~」

「アー あの雲は自動車みたいだね~」

形の定まらない雲を見て、形あるものを想像したことでしょう。

ところが、

みすゞさんは「雲」を見て、つかみどころのないあの「雲」になりたい、、、と思うのです。

そしてその次には雲になって、青空の果て、、、空間を自由に飛び交い

夜になるまで、、、時間を超越して、、、遊びます。

遊ぶのに飽きたら、雨になって、、、姿を変えて帰って来るというのです。

童謡詩人・金子みすゞさんは、

明治、大正、昭和の時代に生きた内的に自由な素晴らしい女性ではないでしょうか。

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

偶然?それとも導き?

 里帰り中です。  従姉に会いたかったけれど、連絡出来ずにいました。  すると、妹の病院に行く電車の駅のホームで、バッタリ出会ったのです!  それも、乗るはずでない電車待ちの時でした。朝出がけに、仏壇 …

久しぶりのオーシャンブルー

おはようございます^_^ 久しぶりのオーシャンブルー 今朝は6つ咲きましたー

こだまでしょうか 金子みすゞ童謡集

‘こだま’ と言えば、何を思い出しますか? 「ヤッホー」とか、「オ~イ」とかしか 思いつかない私ですが、、、 みすゞさんは、‘こだま’ は、あなたとわたしの中にあると謳っています。 そして、私と私の心 …

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「花屋のじいさん」

花屋のじいさん 花売りに、 お花は町でみな売れた。 花屋のじいさん さびしいな、 育てたお花がみな売れた。 花屋のじいさん 日がくれりゃ ぽっつり一人でこやのなか。 花屋のじいさん ゆめにみる、 売っ …

私と小鳥と鈴と A Little Bird, a Bell, and Me Poem;Misuzu Kaneko

私が両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、 飛べる小鳥は私のように、 地面を速くは走れない。 私がからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、 あの鳴る鈴は私のように たくさんな唄は知らない …

 

  • 41現在の記事:
  • 119今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33188総訪問者数:
  • 105今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: