三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

子育て・家庭教育

【怒鳴らない子育て①】子どもはその行動を通して何をしたいのか?(不適応行動の機能分析)

投稿日:2019年11月24日 更新日:

不適応行動は意思伝達機能を持ちます。つまり子供は、その行動を通して何かをしたかったり、伝えたかったりして不適応行動を起こすというのです。

行動問題に対して、その行動を直接抑制する(抑える)のではなく、その行動の機能に着目し、行動問題の起こりやすい環境を起こりにくい環境に再構築する必要があります。

機能分析の視点で見ると、行動の機能は4つあります。機能アセスメント(見取り)によって問題行動の原因を明らかにしていきましょう。

①「もの・活動の要求」の機能

子供が「親・兄弟を叩く」行動を取った結果、その児童の欲しいものが得られる状態が継続している時、「親・兄弟を叩く」行動は、「もの・活動の要求」の機能を持っていると仮定されます。

②「注目の獲得」の機能

子供が「親・兄弟を叩く」行動を取った結果、その子供が親・兄弟からの注目を得られる状態が継続しているとき、「親・兄弟を叩く」行動は、「注目の獲得」の機能を持っていると仮定されます。

③「逃避・回避」の機能

子供が 「親・兄弟を叩く」行動 を取った結果、その子供が宿題などから回避できる状態が継続しているとき、 「親・兄弟を叩く」行動 は、「回避」の機能を持っていると仮定されます。

④「感覚(自己刺激)」の機能

子供が 「親・兄弟を叩く」行動 を取った結果、その子供が自分自身に刺激を与えることだけをしている状態が継続しているとき、 「親・兄弟を叩く」行動は 、「感覚(自己刺激)」の機能を持っていると仮定されます。

【対応策】

対応策は、問題行動の機能を減少させ、同じ機能があって、社会的に適切な代替行動を身につけさせることです。

「適切な行動」と「不適切な行動」は、同時にはできません。不適切な行動に着目するのではなく、適切な行動をしている時間を長くしていきます。その結果、不適切な行動が出現する時間を減らしていくということになっていくわけです。

注意や叱責は、問題行動を増加させます。

理由は、効果が一時的で限定的である、叱責や注意に慣れていく、注意・叱責をする相手に恐怖や不安、怒りを感じるようになる、その場の行動を抑制できても、新しいことに学習させる効果がない、などがあげられます。

問題行動を子供の持つ「特性」として捉えることも多く、その場合、自らの支援を見直し、それを改善することにつながりにくいです。また問題行動が激しく、危険であればあるほど、その行動を避ける対応が優先され、子供の学びは後回しにされてしまいます。

子供の問題行動について怒鳴る前に、子供がその行動を通して、行動の機能4つのうち、何をしたいのか見極めその対応策を考えていくことが、最終的に最も近道で省エネな良い方法だと言えます。

次回(来週末)は、「ほめる」ということについて扱っていきたいと思います。お楽しみに♪

-子育て・家庭教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

弟大好き!!お姉ちゃん

娘が幼稚園カバンにつけてたキーホルダーは息子の写真入りで 息子がの父の日に保育園で作ってきました 最初、ママがパパに「欲しい!」と言ったらパパがくれたんです ママが自分のカギにつけようとしたら 娘がそ …

幼稚園のお弁当~愛する娘へ~

娘の幼稚園では週に一回お弁当の日がある 前日に「○○ちゃん明日お弁当だね」と幼稚園帰り車ので話すと 「やったー!玉子焼きとー      ブロッコリーとミートボールと…入れてね!」 毎回同じメニュー。笑 …

家庭で愛を知る

娘が幼稚園から小さな贈り物を持って帰ってきてくれた。 大好きだよ いつもありがとう 先生が書いてくれたんだろうけど、何ともいえない気持ちになったよ。 子育てをしていく中で、今まで感じたこともない感情に …

【怒鳴らない子育て②】ほめる技術、ほめる方法

「ほめる」とは、ほめる、感謝する、興味を示す等の肯定的な注目全般を示します。 ほめることで、自己肯定感、自尊感情を高めます。 人は皆、ほめられたり、肯定的な注意をされた時に成長します。 子育てや教育は …

起こる全てが教訓 感謝です。

先日、21時頃に警察が我が家を訪れた。 そういえば1時間前に娘が激しく泣き、誰かが心配して通報してくれたのだ。 三世代が一緒に暮らし、幸せな家庭を目指しているのに、 こんなことが起こるなんて…何と複雑 …

 

  • 254現在の記事:
  • 109今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 27811総訪問者数:
  • 79今日の訪問者数:
  • 57昨日の訪問者数:
  • 92一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: