三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

パパ・ママ 子育て・家庭教育

【怒鳴らない子育て②】ほめる技術、ほめる方法

投稿日:2019年11月30日 更新日:

「ほめる」とは、ほめる、感謝する、興味を示す等の肯定的な注目全般を示します。

ほめることで、自己肯定感、自尊感情を高めます。

人は皆、ほめられたり、肯定的な注意をされた時に成長します。

子育てや教育は、減点主義ではなくて、加点主義で行うとよいです。

昔のように、厳しく叱りながら育てる時代は終わりました。

どんな罰よりも、ほんの小さなごほうびが人を動かします。

食べ物やお金と同じように、「ほめられる」ことも「報酬」として脳内に処理されています。

【「ほめる」ことの助言】

(発達障害の子は定型発達の子に比べ、10倍ほめることが必要です)

・普段何気なく見逃している子供の良い行動をほめる。

 当たり前のことができていることが素晴らしい!

・わかりやすい言葉で、スモールステップで指示し、できたらその都度ほめる。

【ほめるポイント】

★好ましい行動をした時は、したすぐ後にほめる。

 ・100%ではなく、25%できた時点で即ほめる。(ほめる基準を下げよう)

 ・成果ではなく行動をほめる。

 ・過程やがんばりをほめる。

★してほしくない行動をした時は見て見ぬふり(無視)をする。

 ・注目しない。

 ・「そのやり方では取り合わないよ」というメッセージ。

  結構、反応していませんか?

 ・そして好ましい行動を待って、できたらほめる。

例)一度、お菓子を買わないと宣言したならば、絶対買ってはいけない。

  事前に条件を示す。

  どんなに暴れても反応せず、諦めたら、即ほめる。

  :妥協して買ってあげる。→子供:暴れたら買ってもらえるぞ。次もしよう。

  :本当に買わない。→子供:どんなことをしてもダメなんだな。

  :諦めたらほめる。→子供:これが正しいんだ。

【まとめ】

・当たり前のこと、25%でほめる。 → やる気が出て継続する。

・やってほしくないことは無視。 → 意味ないと思って自然と減っていく。

【次週の予告】

「ほめる技術」いかがでしたか?

来週末は、「効果的なタイムアウト」について解説していきたいと思います。

お楽しみに♪

-パパ・ママ, 子育て・家庭教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

褒める、認める、励ます 子育て

褒めるのが難しかったら認めよう 認めるのが難しかったら励まそう 8あるよくないことよりも、2あるよいことにエネルギーを注ごう。 子育てで、出来ていない部分に注目しがちですが、それはスルーして、よい当た …

パパと子供たちの かぼちゃプリン作り

昼にママと娘がハロウィーン再放送の料理番組かぼちゃプリン作りを見ていて狙われたのはパパ 少し出かけていたパパを家に迎えるなり、たまたまあったかぼちゃを取り出して熱心に作り方を教えてくれた。 4歳の説明 …

スマホ画面がバキバキに割れたが復活

先週、 1歳の 息子が私のスマホを投げて画面がバキバキに割れてしまいました。 絶望の淵に立たされた、私を気遣ってか、息子が携帯を指さして驚いた表情で 「あー!」 「あー!」 と、さも他人がやったことを …

あなたの楽しみは何ですか?

私の楽しみ カフェでコーヒーを頼んで店内でゆっくりすること その店のコーヒーの味や器を楽しむ その店の色が伺える 夫婦でカフェ好き 嬉しい共通点 あなたの楽しみは何ですか? ↑ 応援クリック、いつもあ …

【怒鳴らない子育て③】「否定的注目をしないで待つ」を行う時の配慮点、指示の仕方

こんにちは、今週も子育てブログをお届けします。 さてまず否定的注目とは、子供が好ましくない行動をした時に、否定的に注目(叱るなど)することです。 しかし、ただ優しく(それが本当に優しいのかという論点) …

 

  • 212現在の記事:
  • 29今日の閲覧数:
  • 156昨日の閲覧数:
  • 25325総訪問者数:
  • 26今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 107一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: