三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

パパ・ママ 子育て・家庭教育

【怒鳴らない子育て③】「否定的注目をしないで待つ」を行う時の配慮点、指示の仕方

投稿日:2019年12月7日 更新日:

こんにちは、今週も子育てブログをお届けします。

さてまず否定的注目とは、子供が好ましくない行動をした時に、否定的に注目(叱るなど)することです。

しかし、ただ優しく(それが本当に優しいのかという論点)親がニコニコと子どものわがままを放っておいてよいということではありません。

子どもが本当に怖いと思っているのは、ガミガミ言う親ではなく、基準が変わらない親です。

否定的注目をしないで待つ時には、配慮点やリミットがあります。

「否定的注目をしないで待つ」を行う時の配慮点

①まず、子どもの行動の背景の気持ちに共感したり、代弁するなどして、受け入れます。

②そして、どのような行動に切り替えたら、大人が対応してくれるのか、子どもが出来そうな行動を分かりやすく伝えます。

③待った後に、子どもが少しでも好ましい行動に切り替えたら、即ほめる感謝、認めることを絶対に忘れないようにしましょう。

※許しがたい行動の場合は、遠回しにさとすのではなく、指示します。(CCQで)

CCQは、「Calm(カーム/穏やかに)、Close(クロース/近くで)、Quiet(クワイエット/静かに)」の略です。

よく遠くから、ものすごい大きな声で、叫びまくってしまうことがあります。確かに楽なのですが、子どもには届いていないので体力の無駄になりがちです。

一手間ですが、近づいて穏やかに小さな声で、指示を出しましょう。

〈ペアレント・トレーニング〉6・子どもがなかなか宿題をしないなら…「CCQ」で指示を出そう

そのように指示した時に、

従えばほめます。

②従わなければ、同じ指示を繰り返します。

③それでもだめであれば警告します(1回だけ)。

警告したのに、見逃したり、許したりしてしまえば、子供はOKだと判断します。

④従わなければペナルティーを与えます。

※自分や他人を傷つける許しがたい行動の場合は阻止します。

タイムアウトは年齢1歳につき1分です。(例:4歳なら4分)

昔の学校で言えば、「廊下に立っていなさい」などでしょうか。

あなたを身放すわけではなく、必ず数分後に会いに来るというメッセージを伝えておくといいですね。

まとめ

・【怒鳴らない子育て】は、ただ子どものわがままと放ってもよいわけではない。待つ時に、子どもに伝えないといけないことがありますし、リミットを設定しておくことが大切です。

・CCQ 穏やかに、近づいて、静かに指示しましょう。

・タイムアウトは年齢につき1分。 【効果的なタイムアウトの10のステップ】については、次週に解説したいと思います♪

おわりに

今週の記事はいかがでしたか。少しでも皆さんの役に立てればありがたいです。

三世代家族のブログのお気に入り登録、またコメントもお待ちしています(^_^)

【怒鳴らない子育て①】子どもはその行動を通して何をしたいのか?(不適応行動の機能分析)

【怒鳴らない子育て②】ほめる技術、ほめる方法

-パパ・ママ, 子育て・家庭教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ママが大好き 親子の絆

うちの子達は応援が上手 さて ママが出るクラスの保護者対抗綱引き 大好きなママが出ることあって娘は熱狂的に応援 見事1回戦を勝ち抜くと大喜び しかし2回戦、惜しくも負けてしまいます すると娘は泣き崩れ …

父の愛は母を通って流れる

子供に与える影響は、母親8割、父親2割 じゃー父親はどうすればよいか? 母親を通して愛を流す。 妻を愛し、尊敬される夫になることで、母親は自然と父親の話を子供たちにして育てる。 私の家庭でもそうだった …

ママの休憩♡久しぶりのスタバ

久しぶりにスタバに行きました 以前千円チャージされたのスターバックスカードを貰っていたので最近忙しかった私へ、頑張ったご褒美 店内はクリスマス仕様で、店員さんの制服もクリスマスをイメージしてか赤色のT …

トミカ最大限活用法(手作り遊び)

正月休み、子供たちが遊ぶチャンスと群がってきます。 今日はいらなくなったカレンダー8枚を繋げて大きな道路地図作ってあげました。 道路を描けば息子の車が自然と走り出します。 家と家を描けば娘のお出かけお …

海の見える公園

海の日なので海へ とはならなくて 海の見える公園にきた。 自然が心に安らぎを与えてくれる。 遊具もあり子どもも喜んでくれる。 お金をかけなくても敷物を持って、水筒と少しのお菓子でピクニック。 こんなお …

 

  • 142現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 102昨日の閲覧数:
  • 24855総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 67昨日の訪問者数:
  • 96一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: