三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

パパ・ママ 子育て・家庭教育

【怒鳴らない子育て④】効果的なタイムアウト10のステップ 上手なしつけの仕方

投稿日:2019年12月15日 更新日:

タイムアウトとは、子供が好ましくない行動を取った時に、部屋の隅などに座らせて一人にさせることです。 (年齢1歳につき1分)

親子ともに距離を置くことで感情的になることをさけるとともに、子供に静かに反省する時間を与えることができ、効果的です。

子供にとっては、クールダウンと言ってもいいかもしれません。

関連記事①:子どものしつけ法「タイムアウト」「タイムイン」はどっちが良い?

関連記事②:今日からできる!アメリカ流子供のしつけ「タイムアウト」

【効果的なタイムアウト10のステップ】

①どのような行動がタイムアウトにつながるかを明確に定義しておく。

※親がその時々の感情で許容できる基準が変わっては、子供は何がよくて、何が悪いか理解できません。親の為に基準を紙に書いて貼っておくブレずに済みます。

②タイムアウトのために適切な場所を選ぶ。

※部屋の隅に座布団や椅子を置いておくと、座っておく場所が分かりやすくていいですね。

③怒りながらタイムアウトしない。

④禁止された行動をしたら、一回は注意する。

⑤もしルールが再び破られたら、タイムアウトの場所に行かなければならない。

⑥可能ならいつでも、タイマーを使ってタイムアウトの時間を計る。

(タイムアウト:年齢1歳につき1分)

⑦タイムアウトの間は、話しかけない、見ない、議論しない、叱らない。

⑧タイムアウトの途中、子供が抜けだしたら、タイマーをリセットする。

⑨タイムアウトが終わったら、(改めて叱ったりしないで)すべて終わったことにする。

⑩時には子供がしていた活動に戻るのを手伝ってもよい。

※子供が理解できる言葉や表現を使う。

親がガミガミ言って、子供が何一つ理解していない、面白い絵にならないように。笑

※子供に合った褒め方をする。

※何が良かったかを具体的に伝える。

【終わりに】

タイムアウトについて、すこしイメージをもっていただけたでしょうか。

次週は褒めるためのプログラムについてお伝えします^^

お楽しみに♪

-パパ・ママ, 子育て・家庭教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【怒鳴らない子育て③】「否定的注目をしないで待つ」を行う時の配慮点、指示の仕方

こんにちは、今週も子育てブログをお届けします。 さてまず否定的注目とは、子供が好ましくない行動をした時に、否定的に注目(叱るなど)することです。 しかし、ただ優しく(それが本当に優しいのかという論点) …

我が家にカブトムシ夫婦とザリガニがやってきた!

カブトムシはすでに名前が決まっていたので、ザリガニの名前を娘が決めることになりました。 ザリガニの「ミーちゃん」です。 カブトムシは、DAISOで買った500円容器と100円ゼリーで育てています★ ザ …

家庭で愛を知る

娘が幼稚園から小さな贈り物を持って帰ってきてくれた。 大好きだよ いつもありがとう 先生が書いてくれたんだろうけど、何ともいえない気持ちになったよ。 子育てをしていく中で、今まで感じたこともない感情に …

【怒鳴らない子育て①】子どもはその行動を通して何をしたいのか?(不適応行動の機能分析)

不適応行動は意思伝達機能を持ちます。つまり子供は、その行動を通して何かをしたかったり、伝えたかったりして不適応行動を起こすというのです。 行動問題に対して、その行動を直接抑制する(抑える)のではなく、 …

品質?安さ?紙オムツをマミーポコにしてみた

デリケートな乳幼児のお肌 品質をとるならテレビでも宣伝されている 「パンパース」 「メリーズ」 「ムーニー」が断然です! 私も三種類全て試しましたが、我が子に合ったオムツの形や肌への負担を考えて使って …

 

  • 195現在の記事:
  • 96今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33171総訪問者数:
  • 88今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: