三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

おひさん あめさん     <金子みすゞ童謡絵本>

投稿日:2019年8月23日 更新日:

2002年に発行された 金子みすゞ おひさん あめさん という童謡絵本があります。森川百合香・絵 矢崎節夫・選 で、金子みすゞの詩が15編載っています。

≪おひさん あめさん≫

ほこりの ついた

しばくさを

あめさん あらって

くれました。

あらって ぬれた

しばくさを

おひさん ほして

くれました。

こうして わたしが

ねころんで

そらを みるのに

よいように。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

乾いた芝生に座って空を眺める時、

「きれいだな」とか 「気持ちいい」なんて思いますよね?

この芝草は、、、私のために 雨さんが洗ってくれて、お日さんがそれを乾かしてくれた、、、と、あなたは思いますか?

「それこそ傲慢な人間の考えだよ!」という声が聞こえてきます。

でも、本当にみすゞさんは傲慢な人だったでしょうか?

この芝草を、雨さんが洗ってくれて、お日さんが乾かしてくれたんだな~

と、気付いたみすゞさんの心は嬉しさと感謝で満たされていたでしょう。

幼子は自分中心です。それは、愛の世界に生きているからではないでしょうか?

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

郷土の童謡詩人 金子みすゞ「林檎畑」~大きな宇宙の広がりと繋がり~

七つの星のそのしたの、 誰も知らない雪国に、 林檎ばたけがありました。 垣もむすばず、人もいず、 なかの古樹の大枝に、 鐘がかかっているばかり。 ひとつ林檎をもいだ子は、 ひとつお鐘をならします。 ひ …

私のアフリカ~1983年4月  One Family Under God

 世界に散らばる世界平和統一家庭連合の日本人信徒たちが夫婦で集められ、1983年1月から120日の修練会が持たれた。One Family Under God の実践部隊だ。  私たち夫婦は少し前まで香 …

映画『エンテベ空港の7日間』日本公開 2019年10月4日

いよいよ明日、 日本、劇場公開です! ウガンダのエンテベ空港で1976年6月27日に起こったハイジャック事件に基づいて製作された4本目の映画です。でも、こちら近くの劇場で上映されるのは、ずっとず~っと …

房咲きのオーシャンブルー

おはようございます^_^ こちら、今朝は雨です、、、 オーシャンブルーの特徴は房咲きです。 明日はこの房に3個の花が咲くでしょう♡

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「空の色」

海は、海は、なぜ青い。 それはお空が映るから。 空のくもっているときは 海もくもってみえるもの。 夕焼、夕焼、なぜあかい。 それは夕日があかいから。 だけどお昼のお日さまは、 青かないのに、なぜ青い。 …

 

  • 72現在の記事:
  • 4今日の閲覧数:
  • 72昨日の閲覧数:
  • 34029総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 72一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: