三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

みすゞが愛した「弁天島」  ~仙崎に行ってきました~

投稿日:

金子みすゞは山口県大津郡仙崎村(今の長門市)に生まれました。故郷の町を愛したみすゞさんです。3冊の詩集を作ったとき、1冊目の詩集を「美しい町」と題し、3冊目の「さみしい王女」の詩集の中でも<仙崎八景>を歌っています。その一つに「弁天島」の詩があります。

弁天島    詩・金子みすゞ

「あまりかわいい島だから

ここには惜しい島だから、

貰ってゆくよ、綱つけて。」

北のお国の船乗りが、

ある日、笑っていいました。

うそだ、うそだと思っても、

夜が暗うて、気になって、

朝はお胸もどきどきと、

駈けて浜辺へゆきました。

弁天島は波のうえ、

金のひかりにつつまれて、

もとの緑でありました。

‘かわいい島が北のお国の船乗り’ に 持って行かれないように、島の周りには人口島が作られ、小さな橋でつながれていました!(みすゞさんの幼少期から100年以上経ちました。)

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わたしの かみの      <童謡詩人・金子みすゞ>

みすゞさんが、大好きなお母さんに書いた手紙のような詩です。 こんないじらしいみすゞさんには、大人も子どもも顔負けですね~^^ <わたしの かみの> わたしの かみの ひかるのは、 いつも かあさま、な …

いつも元気・・・ポーチュラカ

夏の花と言えば、昔は朝顔や向日葵を思い出しましたが、我が家のワンコイン園芸を盛り立ててくれるのは、このおカタかも、、、<ポーチュラカ> <いつも元気>という花言葉のごとく、猛暑の中でも、鮮やかな花を次 …

金子みすゞ童謡絵本「ほしとたんぽぽ」

金子みすゞさんの手書きの遺稿を見つけ出し、世に送り出した童謡詩人・矢崎節夫さんがみすゞさんの詩15編を選んで、上野紀子さんの絵とともに作った絵本です。 上野紀子さんの独特な絵のタッチがみすゞさんの詩の …

ミリオンスター(カランコエ)

先月の初め頃、主人がカランコエの鉢花を買って来ました。「百円だったから、おばあちゃんのワンコイン園芸に入れてあげて—」とのこと。 見れば、「ミリオンスター」と書かれていました。星のような可 …

七十の手習い

人生50年と言われた時代から、平均寿命が延び、今や人生100年の時代だ。 老人介護施設で働く私は、おじい様おばあ様から時には「そこのおねえさん!」と呼ばれて、「この職場は悪くないね。こんな私でもおねえ …

 

  • 25現在の記事:
  • 16266総閲覧数:
  • 90今日の閲覧数:
  • 134昨日の閲覧数:
  • 123一日あたりの訪問者数: