三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

みすゞが愛した「弁天島」  ~仙崎に行ってきました~

投稿日:2019年9月19日 更新日:

金子みすゞは山口県大津郡仙崎村(今の長門市)に生まれました。故郷の町を愛したみすゞさんです。3冊の詩集を作ったとき、1冊目の詩集を「美しい町」と題し、3冊目の「さみしい王女」の詩集の中でも<仙崎八景>を歌っています。その一つに「弁天島」の詩があります。

弁天島    詩・金子みすゞ

「あまりかわいい島だから

ここには惜しい島だから、

貰ってゆくよ、綱つけて。」

北のお国の船乗りが、

ある日、笑っていいました。

うそだ、うそだと思っても、

夜が暗うて、気になって、

朝はお胸もどきどきと、

駈けて浜辺へゆきました。

弁天島は波のうえ、

金のひかりにつつまれて、

もとの緑でありました。

‘かわいい島が北のお国の船乗り’ に 持って行かれないように、島の周りには人口島が作られ、小さな橋でつながれていました!(みすゞさんの幼少期から100年以上経ちました。)

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

50数年ぶりの中学校

 今、実家に来ています。いつもはほとんど親戚と一緒ですが、ひとりになる時間があり、50数年前に通った中学校に行ってみることを思い立ちました。  中学校の門構えは、前の道路の道幅を増すため改修工事がされ …

繭と墓(マユとハカ)・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

蚕(カイコ)は繭(マユ)に はいります、 きゅうくつそうな あの繭に。 けれど蚕は うれしかろ、 蝶々になって 飛べるのよ。 人はお墓へ はいります、 暗いさみしい あの墓へ。 そしていい子は 翅が生 …

映画『エンテベ空港の7日間』日本公開 2019年10月4日

いよいよ明日、 日本、劇場公開です! ウガンダのエンテベ空港で1976年6月27日に起こったハイジャック事件に基づいて製作された4本目の映画です。でも、こちら近くの劇場で上映されるのは、ずっとず~っと …

童謡詩人・金子みすゞ 「海のこども」~こどもって素敵だな!

海のこども  金子みすゞ 海のこどもみィつけた、 大きな岩の上に。 になの子どもみィつけた、 海のこどものなかに。 海のこどもかわいいな。 になのこどもかわいいな。 *金子みすゞ童謡集「なしのしん」よ …

ゴーヤの花も

おはようございます! 今朝のオーシャンブルーは2花 我が家のゴーヤ2花もお届けします。 ゴーヤは雄花です。 ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

 

  • 34現在の記事:
  • 81今日の閲覧数:
  • 149昨日の閲覧数:
  • 25241総訪問者数:
  • 62今日の訪問者数:
  • 101昨日の訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: