三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 教育

アフリカで育った子供達

投稿日:2019年8月13日 更新日:

私達親が海外宣教に1975年から1993年迄の18年間海外生活をしていた為に3人の子供達の人生に大きく影響を与える事になった。長女は香港生まれ、長男はウガンダ生まれ、次女はケニア生まれとなった、しかし皆一番長く過ごしたのは東アフリカのウガンダであった。国自体は日本に比べずっと貧しかったが、そこで得たもの学んだものは何ものにも換え難い経験だったと思う。

photo:01

ウガンダビクトリア湖畔

(1)学校での宗教教育
ウガンダの学校ではウガンダ人の主要宗教で有るキリスト教とイスラム教の基本的教えの内容を紹介する。キリスト教は大きく分けてカトリックとプロテスタントがあったが共通する聖書の基本的内容とイスラム教の経典であるコーランの基本的内容を教える。これは他者の宗教に対する寛容性、理解、協調性を育む事に貢献している。又この宗教教育が即、道徳教育と繋がるので子供達の人生に与える良い影響は計り知れない。日本で今道徳教育の重要性が再認識されていることは良いことだと思います。

photo:02

ウガンダの幼稚園

(2)人種に対する偏見が無い。
生まれた時から自分と違う人種と接し生活しているので、人種的偏見が無い様に思われる。かえって毎日一緒に勉強したり遊んでいるアフリカの友達と自分はどうして肌の色が違い、髪もアフリカ人と違いストレートなんだと思ったに違いない。日本に帰国した時この国はお父さんとお母さんの国だと思ったらしい。今でも彼らの生まれ故郷はかの地であり、丁度私達が生まれ故郷を懐かしむ様にかの地を懐かしむ。長男の結婚披露宴にウガンダ人2人を宴に招待し、この2人は余興でアフリカの太鼓を叩いて祝ってくれた。

photo:03

ウガンダ人の太鼓に合わせて子供達が一緒に踊る様子(ウガンダ ビクトリア湖畔にて)

(3)歯が丈夫
アフリカのウガンダに住んでいた約30年前は、チョコレートやスイートは殆ど無かった。子供達のおやつはサトウキビの丸かじりの様なものであった。今となってはそれが幸いにして虫歯が一本もなく歯が丈夫なことだ。(帰国当時)日本に帰国してからだいぶ経って、大変成功された企業の会長の家に息子を連れて行った時、会長は息子に「人生で大事なことは健康で有ること、健康でなければ夢も実現できない。健康の為には歯が丈夫で無くてはならない。あなたは歯並びがとってもいい、成功するよ」と言ってくださった。

-じいちゃん(ジョナサン), 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

私の父母 その② 父について

私の父は9人兄弟の長男として生まれた。山口県下関市豊北町阿川生まれ、父は1975年私が25歳の時海外宣教でシンガポールに出かけた年に60歳で交通事故で亡くなった。今から思えば私が公的路程を歩む供え物と …

農地の基盤整備

2019年6月田植えを終えた水田と美しい山河。日本の稲作栽培は昔に比べ劇的に変わった、農地の基盤整備によって水田が広くなり、年をとって後継者のいない農家は自分の農地を法人に預けて法人が大型機械で一気に …

築約200年の家-我が故郷

私の生まれ故郷の家は建てられて約200年近い、私が子供の頃まだ茅葺(かやぶき)の屋根だった。 (約60年前の写真)この家が建つ前はもっと大きな家で300年位の歴史があったが火事で焼失し、歴史的資料も同 …

褒める(ほめる)

玄関先の観賞魚 グーピー 人は玄関に他人に一番見せたいもの、褒めてもらいたい物を綺麗に飾っている。それが水槽の魚だったり、生け花だったり、孫の習字だったり、絵画だったり、魚拓(墨などを使って、釣った魚 …

質問と相槌(あいづち)

お客様と商談する時、営業マンが多く語ったからと言って商談が決まるとは限らない。むしろ、お客様のお話に相槌を打ちながら、沢山聞いてあげた方が商談成立の確率が高い。 現代人は人の話を聞くことよりも自分の話 …

 

  • 85現在の記事:
  • 14242総訪問者数:
  • 49今日の訪問者数:
  • 135昨日の訪問者数:
  • 165一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: