三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 海外

アフリカで走ると泥棒と間違えられる

投稿日:

アフリカのウガンダに宣教に行っている時、急ぎの用事で走った事があった。その時アフリカの友人より助言を貰った。「アフリカで走ってはいけません、泥棒と勘違いされますよ」と。確かに東南アジアやアフリカでは時間がゆっくり流れる。何かを泥棒して逃げる以外はあまり走るのを見かけない。

日本ほど忙しい国はあまりない。大人は仕事に追われ、子供は勉強に追われている。汽車やバスなど公共の乗り物はほぼ時間どうりにやってくる。人と待ち合わせても約束を守るのが普通の日本人だ。中国人など約束してもわざと遅れてくる。待たせて後から来た方が偉いと言う発想からだ。国によって習慣や文化の違いが当然ある。

日本では静かに音を立てずに残さず食べるのが食事のマナーとされている。それに比べ中国では出来るだけ音を立てて食べる方が美味しさを表す食べ方。香港でよく家族や友人と飲茶(ヤムチャ)

photo:01

を食べに行った。丸いテーブルを囲んでどのテーブルもワイワイガヤガヤ雑音にも近い、賑やかに隣のテーブルや他人にはお構いなしに大声をあげて食べている。それに対抗するには自分も大きい声で話さないと同じテーブルの仲間に聞こえない。中国人には悩みや悲しみなど一切ない様に見受けられるほど元気のいいのには圧倒される。

中国のテーブルは丸い、そしてテーブルの真ん中にもう一つ回るテーブルが有り、大きいお皿にドンドンドンと皿ごと違う料理が出されてくる。

photo:02

それを皆箸を裏返さずつつき合って食べるのだ。個々人に小さなお皿に品ごとに盛られる日本食とは対象的だ。

また中国人は鳥肉でも豚肉でも牛肉でも骨が出たらテーブルクロスの上にお構いなしに置いていく。それでつまずいてはいけない、それが習慣なのだ、グループで来る客ごとにテーブルクロスを取り換えるので心配ない。

-じいちゃん(ジョナサン), 海外

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

水の大切さ–アフリカでの体験

今からかれこれ36年も前のアフリカでの出来事。日本から約25時間、成田ー香港ーバンコック-ボンベイ-ナイロビと飛行機を乗り継いでやっと目的地の隣国ケニヤの首都ナイロビに着いた。ナイロビの教会で一週間お …

私達の一番身近な健康食品、玄米と米糠(ヌカ)

玄米 どの健康食品の本でも、玄米は完全食で1番の健康食品と書かれている。ただよく噛まないといけない、小さい子供のいる家庭では不向きでしょう。 そこで玄米を通常通りを精米してヌカを取る。(お米屋さんに行 …

西洋と東洋の架け橋➖ロシア🇷🇺

普通ロシアというと西洋的なイメージが大きいが実際ロシアに行ってみると西洋とはまた違った東洋的香りも漂う国でした。アジアとヨーロッパにまたがる世界一大きな国、その国の様子を見たこと聞いたこと感じた事を書 …

新聞奨学生 自立の道

私達は家庭連合の宣教師として海外に行った為子供の生まれた地は全部違います。長女は香港生まれで長男はウガンダ生まれで次女はケニアで生まれました。海外で子供が生まれた場合二週間以内に日本大使館に行って出生 …

男達の台所

私達は三世代で同居しているので、食事の準備は妻と長男の嫁さんと交代で作ってくれている。 ところが、妻の妹が病を患い、看病と手伝いに実家に帰っている。 その為、嫁さんが全部食事担当になって負担が増えた。 …

 

  • 64現在の記事:
  • 14240総訪問者数:
  • 47今日の訪問者数:
  • 135昨日の訪問者数:
  • 165一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: