三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 教育

アメリカ人が三つ子の魂に教える三つの言葉

投稿日:2019年8月9日 更新日:

日本には三つ子の魂百までと言うことわざがあるが、これは幼い時に形成された性格は老年期になっても変わらないと言う事。同様にアメリカ人には子供の幼児期に徹底的に教える三つのことがある。それは(1)サンキュウ(Thank you=ありがとう御座います)(2)イクスキュウズミー(Excuse me=ちょっとすみません) (3)アイアムソーリー(I’m sorry=ごめんなさい)

(1)サンキュウ(有難う御座います)

photo:01

人が何かを自分にしてくれた時必ずサンキュウとお礼を言う。感謝の気持ちを忘れない。そしてその気持ちをサンキュウと言って言葉に表す事が重要だ。
生かされている事への神様に対して感謝、産んでくれた事への親に対して感謝、結婚できた事への妻への感謝、無事生まれてきてくれた子供への感謝。自分に命を与えてくれている万物への感謝の気持ち、先祖、家族、親族、友人、先生などあげれば切りがないくらい。こう考えると自分は一人で生きていない事がわかる。

(2)イキスキュウズミー(ちょっとすみません)

人に道を尋ねる時、名前を聞く時、食事中に手の届かないところにある醤油を取ってもらう時などに使うこれも重要な言葉だ。

(3)アイアムソーリー(ごめんなさい)

photo:02

何かを失敗した時に素直にそれを認め謝る。ある韓国人の牧師が日本には来て日本は不思議な国だと言う、ある時混雑した汽車の中で間違って日本女性の足を踏んでしまった時に、足を踏まれたその女性がとっさに「すみません」と言ったと言う。世界広しと言えどもこんな民族はいないと感激していた。

この大事な三つの言葉の中で現在なかなか言えなくなったのが3番目のごめんなさい。ごめんなさいと言う美しい言葉に代わって取って代わっているのが弁解。長々と自分の責任ではない事を説明する。素直に自分の非を認めず謝らない。それは何の得にもならない事だ、かえってその人の人間性を下げてしまう。

聖書の創世記を見ると

photo:03

神様は天地万物を創造され一番最後に人間始祖アダムとエバを創造されて、たった一つだけ戒めを与えられた。主なる神はその人に命じて言われた「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい、しかし善悪を知るの木から取って食べてはならない」と記してある。ところが蛇が出てきて女であるエバを誘惑して取って食べさせ、エバは男であるアダムにそれを食べさせたと書いてある。それを知った神様はアダムになぜ食べたのかと問い詰められると、アダムはあなたが与えてくれたあの女が食べろと言ったと弁解した。そこで神様はエバを問い詰められると、あの蛇が食べろと言ったとこれまた弁解して責任を逃れようとした。これらの記述を見ると私達全ての人間は罪を犯したアダムとエバの後孫である事がよくわかる。

-じいちゃん(ジョナサン), 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アフリカで走ると泥棒と間違えられる

アフリカのウガンダに宣教に行っている時、急ぎの用事で走った事があった。その時アフリカの友人より助言を貰った。「アフリカで走ってはいけません、泥棒と勘違いされますよ」と。確かに東南アジアやアフリカでは時 …

万物の嘆き

被造物は実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいる。なぜなら、被造物が虚無に服したのは、自分の意思によるものではなく、服従させたかたによるものであり、かつ被造物自身にも、滅びのわなからかいほう …

古希を迎えて

古希(こき)とは数え70歳。原文表記は古稀。唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代の付けは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人 …

防波堤

2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災の後、日本の各地では防災の為の防波堤が作られるようになった。私の住む下関市でも数メートルの高い防波堤が建設されていた。美しい海の景観は見れなくなった。( …

移動スーパーの出現

DSC_0463 約13年前、私がビジネス研修を受けている時、講師の社長は未来を予測した。 社長曰く、「これからの時代は店でじっと待っている時代ではなく、こちらから出かけていく時代だ」 その時はあまり …

 

  • 93現在の記事:
  • 11今日の閲覧数:
  • 108昨日の閲覧数:
  • 24563総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 71昨日の訪問者数:
  • 90一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: