三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 海外

コーヒーですか?ティですか?

投稿日:2019年5月1日 更新日:

Ccシンガポールで友達の家を訪ねると、友人は暖かく迎えてくれた。そしてすかさず「ジョナサン、コーヒーがいいですか、それともティー(紅茶)がいいですか」と聞かれた。『コーヒーをお願いします』と言うと、今度は「ミルクを入れますか入れませんか」と尋ねられた,『じゃミルクをいれて下さい』と応えた。さらに友達は「砂糖を入れますか、入れませんか」と尋ねて来た。『それでは砂糖をいれて下さい』と答えた。これは一度だけの経験ではなくごく日常的会話であった。相手の好みを尊重するという文化なのだ。


18年ぶりに日本に帰国した。子供は皆外国生まれで現地の学校で英語で授業を受けていたので、帰国子女の特別学級のある福岡教育大学附属小学校に編入させて頂き,親も福岡に移り住んで福岡で再就職した。 そこで、年末には当然のごとく忘年会と言う飲み会があった。皆お酒を酌み交わして親交を深めるのだ。お酒が嫌いな人も,飲めない人も、さあ飲め飲めである。飲まないと言っても一杯だけと言って、無理やり飲まそうとする。飲まないと付き合いが悪いと言われるので仕方なく飲む人もいる。そして社長を始め上司や同僚のところを回ってお酒を注いでは楽しく話をする。これも良き日本の文化なのだ。


しかし長年外国生活で『コーヒーですか、ティー(紅茶)ですか』と聞かれて来たので、自分がお酒が飲めなくても嫌いでも飲めと言う日本の独特な文化習慣に戸惑った。私は日本人ではないのかな?そうだ、私はジョナサンなんだ。私はお酒は飲まないので何回勧められてもウーロン茶で通した。お酒を飲まなくても楽しく会話もできる。いよいよ私のスピーチの番が回って来たので、あのシンガポールでの「コーヒーにしますか、紅茶にしますか」という話を面白おかしく皆にしてあげた。すると、次回からの飲み会では誰一人私にお酒を飲めと言う人はいなくなった。そして私に「ウーロン茶にしますか、オレンジジュースにしますか」と聞いて来た。実家の兄の家に帰っても「コーヒーにしますか、紅茶にしますか」と兄から聞かれる。兄にはシンガポールでのあの話をした事があるからだ。

外国に行くと日本の常識が通じない事も多々ある。強制はしない、相手の意思を尊重する、皆同じでなくてもいいのである。

-じいちゃん(ジョナサン), 海外

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

経済的自立 ー私の場合

私は小学3年生の頃から経済の自立の真似事の様な事を行っていた。私が2~3才の頃麻疹(はしか)と言う病気を患って死にかけていた。しかし阿川駅の近くに中島先生と言うお医者さんが必死に治療して下さったお陰で …

お客様との会話の為に

①新聞やテレビやラジオのニュースをよく見て世の中の出来事をよく知る。 今だったら、台風の動き、消費税10%、ラグビーワールドカップ、女児の行方不明など。 ②自分の事を正直に話す。 人は成功談より失敗談 …

日曜礼拝と男子会

16才の高校一年生の終わり頃から家庭連合の教会に日曜毎通い始めて、もうかれこれ53年になる。下関教会に2年、北海道の札幌教会に5年、旭川教会に2年、シンガポール教会に5年、香港教会に3年、アフリカのウ …

南の地方でもリンゴが育つ

普通りんごといえば北海道、青森、長野のような寒帯地方でのみ育つと思っていたが山口県の様な南の地方でもりんごが育ちます。写真は山口県下関市豊田町のりんご園の写真です。 ↑ 応援クリック、いつもありがとう …

2人の桃源郷、故郷で稲の収穫作業

緑米(古代米の一種)のハザ掛け 私の故郷は山口県下関市の里山。 10月31日、稲の収穫の手伝いに行った。 午前中はハザ掛けと言って刈り取った稲の天日干しの作業。 午後は脱穀と言って籾(もみ)と稲わらを …

 

  • 40現在の記事:
  • 30今日の閲覧数:
  • 156昨日の閲覧数:
  • 25326総訪問者数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 107一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: