三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン)

フィンガーペイント

投稿日:

photo:08

絵画には油絵とか水墨画とか水彩画など色々有りますが日本では聞き慣れないフィンガーペイントと言うものがあります。これは中国の伝統的な画法の一つですが数百年前後継者がいなくてこれが途絶えてしまった。しかしこのフィンガーペイントを独学で復活させた人がシンガポールにおられる。この方はシンガポールの人間国宝です。シンガポールの首相が外国訪問される時、あるいは大切な国賓がこられた時、この人間国宝によるフィンガーペイントで描かれた絵をお土産にされる事もよくあるという。

フィンガーペイントとは字の如く筆を一切使わずに指(フィンガー)と手のみで画く(ペイント)手法です。そして絵のそばに書く題名や誰々の為にとか日付け画家の名前も全て指と爪で巧みに書かれる。この人間国宝の奥様によると画廊に一旦入って描き始めると集中されるので奥様も中には入れないとか。日本の昔話のつるの恩返しと同じで出来上がるまで誰も見てはいけないのです。その右手が命ですから右手には多額の保険金がかけてあるそうです。お会いしたのが約30年前ですから今もお元気でおられるやら心配ですが、相当なお年である事は確かです。画を見ても分かりますがその方の性格はとても穏やかで出会った人をとても大切にされます。

この方との出会いは1980年1月6日(旧暦)文鮮明先生の還暦のお祝いがニューヨークで有りましたが、世界120カ国に行った宣教師たちが招待されて行きました(始めてのアメリカ訪問)。その時の文鮮明先生への還暦のお祝いとして早春の「梅の花」を人間国宝は心を込めて描いてくださいました。その時の私の誕生日も近かったものですから恐縮ながら記念に小さい絵をお願いするとグロリアオザの花の絵を描いて下さいました。

photo:09
photo:10

-じいちゃん(ジョナサン)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あるアフリカのおじいさんの夢

王様に仕えたお爺さん アフリカのウガンダという国に、長い間王様に仕えたお爺さんがおられた。年を取って退職する時そのお爺さんは王様から25ヘクタールの広い広い土地をもらった。この広い土地を何に使おう?思 …

石垣-石を組み合わせて作られた壁や柵

勝山御殿跡 2019年12月18日撮影 今日のお昼の弁当は城跡の駐車場で食べた。その城跡の自然の石を組み合わせて作られた見事な石垣につい見惚れてしまった。 下関市田倉の山の中腹に勝山御殿跡という城跡が …

短く話す 訓練すれば誰でもできる

先日異業種の集いに招待されて参加した。この異業種の集いは毎週一回早朝7時から約2時間お互いの事業の情報交換して高め合う勉強会の様なものだ。私が参加した時は20代から50代のビジネスマン、ビジネスウーマ …

男達の台所

私達は三世代で同居しているので、食事の準備は妻と長男の嫁さんと交代で作ってくれている。 ところが、妻の妹が病を患い、看病と手伝いに実家に帰っている。 その為、嫁さんが全部食事担当になって負担が増えた。 …

神様が被造世界を創造された目的

ミケランジェロの作品 被造物の創造が終わるごとに、神はそれを見て良しとされた、と記録されている創世記のみ言葉を見れば(創世記第1章4節~13節)、神は自ら創造された被造物が、善の対象となることを願われ …

 

  • 49現在の記事:
  • 176今日の閲覧数:
  • 99昨日の閲覧数:
  • 24770総訪問者数:
  • 141今日の訪問者数:
  • 76昨日の訪問者数:
  • 88一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: