三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 旧約・新約のみ言(聖書)

万物の嘆き

投稿日:2020年1月8日 更新日:

被造物は実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいる。なぜなら、被造物が虚無に服したのは、自分の意思によるものではなく、服従させたかたによるものであり、かつ被造物自身にも、滅びのわなからかいほうされて、神の子たちの栄光の自由に入る望みがのこされているからである。実に被造物全体が、今に至るまで、共にうめき共に産みの苦しみを続けていることを、わたしたちは知っている。(ローマ人への手紙第8章19節~22節)

神様は宇宙や自然界の万物を創造され、一番最後にご自分のかたちに似せて男と女を創造された。そして神様は彼らを祝福して言われた「生めよ、ふえよ、地に満ちよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物を治めよ」(創世記第1章28節)

無形の神様は神様に代わって有形の人間が萬の物を治めることを願われた。ところが人間始祖アダムとエバが罪を犯し堕落して万物よりも劣る身となった。従って万物も主管してくれる真の愛の主人を失って嘆息していると言うのである。真の人に代わって自己中心の罪人、悪人が万物を主管するようになった。その為、善なる人に愛されたい、主管されたい万物は今日に至るまで嘆き悲しんでいるというわけだ。堕落した人類始祖の後孫である私達は地球環境を破壊して自ら住みずらい世界を作ってしまった。

それ故に万物は神の子の出現を待ち望み、共に栄光に預かる喜びの天国生活をする事を切に願っている事をこの聖書は教えてくれている。神様が人間の為に創造して下さった万物に感謝し愛の主管者となって行きましょう。

-じいちゃん(ジョナサン), 旧約・新約のみ言(聖書)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

三世代家庭理想を目指して

『私は三代が一緒に暮らす家庭を勧めています。夫婦が結婚して貴い子供を生めば、親は子供に全ての物を譲りますが、譲れるものには限界があります。父母は現在を、子供は未来を象徴します。祖父母は過去の歴史を代表 …

アラスカでサーモンとハリバット釣り

1992年世界各地120カ国に行っていた宣教師が全員アメリカのアラスカに呼ばれ約一週間主と共に釣りをした。お話を聞いたり、講義を受けたり、朝五時に起きてみ言葉の訓読をしたり、祈祷したり、その日に釣った …

アフリカで育った子供達

私達親が海外宣教に1975年から1993年迄の18年間海外生活をしていた為に3人の子供達の人生に大きく影響を与える事になった。長女は香港生まれ、長男はウガンダ生まれ、次女はケニア生まれとなった、しかし …

初夏の旬の食べ物、タケノコ(筍、竹の子)フキ(蕗)セリ(芹)

2日前、故郷の兄夫婦からタケノコが採れて湯がいてあるので取りにおいでと電話があった。同居している息子夫婦が日曜日の午後、故郷に取りに行ってくれた。息子達の持ち帰ったのは既に皮をむいて湯がいてあるタケノ …

海外から帰国して気付いた日本の良さ

ナイロビのキリン公園にて 18年海外生活をして今はこうして故郷に帰って暮らしていますが海外と日本の相違点、特に日本の良いところをあげて見たいと思います。私の行っていた国々は東南アジアとかアフリカとか発 …

 

  • 45現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 37727総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 46昨日の訪問者数:
  • 52一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: