三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 海外

中国人の物の見方、考え方

投稿日:2019年9月2日 更新日:

私の高校の漢文の先生はお寺の僧侶であった。その昔まだ学校制度が普及する以前は地域の寺子屋と呼ばれるお寺が子供達に物事を教える教育の場でもあった。それゆえ地域で高等教育を受けた数少ない人が寺の僧侶であった。また高校の国語の先生はお宮の宮司と言った具合である。僧侶である漢文の先生は中国人の物の見方、考え方も教えて下さった。その漢文の先生は戦争にも行った体験もしておられる。漢文の先生は面白く中国人についてお話して下さった。そのお話によると、中国人の考え方は大きく、長期的なものである。

先生によると、ある時中国人のお偉様が船で瀬戸内海を渡っていたという。その中国人は案内役に「日本にも大きな川があるのう」と言ったそうな。瀬戸内海を見て川という、確かに中国にある川は黄河とか揚子江とか途轍もなく大きい。河口付近の川幅が黄河では17km~18km、揚子江では40kmもあるらしい。揚子江はアジアで一番長い川で6300kmもある。ちなみに世界一長い川はアフリカのナイル川でウガンダのビクトリア湖が源流でエジプトまで実に6650kmもある。瀬戸内海の対岸の距離は20km-~30kmぐらいだから、中国人が瀬戸内海を見て大きな川があると言っても不思議ではない。また瀬戸内海の両岸の段々畑を見て、何故あの山の中腹から頂まで畑があるが日本には土地が無いのかと言ったそうだ。

世界のおもな川ランキング(長さ)
順位 河川名 長さ 大陸 河口
1. ナイル 6,650 km アフリカ 地中海
2. アマゾン 6,400 km 南アメリカ 南大西洋
3. 長江(チャンジャン) [揚子江] 6,300 km アジア 東シナ海
4. ミシシッピ 5,971 km 北アメリカ メキシコ湾
5. エニセイ 5,540 km アジア カラ海
6. 黄河(ホワンホー) 5,464 km アジア 渤海
7. オビ 5,410 km アジア オビ湾
8. パラナ 4,880 km 南アメリカ ラプラタ川
9. コンゴ [ザイール] 4,700 km アフリカ 南大西洋
10. アムール 4,444 km アジア オホーツク海
参考 信濃川 367 km (日本で一番長い川)
「理科年表 平成23年」より

また同じ漢文の先生は次の様な中国人にまつわるお話もして下さった。その昔、中国である人が家を建てると言って鍬で山を削り始めた。隣人が「おじさん山を削って何をするのですか」と尋ねた。すると、山を削り始めた本人は「いやこの山を平らにして我が家を建てるんだ」と答えた。そこで隣人は「鍬でその調子で山を平らにするだけでも何十年とかかるのではないですか」と問うた。すると当の本人は「構わん、もしわしの代で出来なければわしの子の代で家が建つだろう、もしわしの子の代で出来なければ、孫の代で立派な家を建てるだろうよ」と答えたという。

この様に中国人は日本人に比べて極めて長い先100年200年1000年を見つめて考え行動する。東シナ海の海洋進出もガス田の掘削も長期的展望にたって行っているのだろう。私は18年間海外宣教の為にあちこち海外に滞在したが、中国人はどこの国に行ってもいるし、たくましい。

日本人も経済活動などの為に商社マンなどが数年間海外出張の為世界中に行っているが、中国人と根本的に考え方が違う。日本人の場合3年から5年くらいの海外出張が多く、いずれ日本に帰って来る事を前提に行っている。しかし中国人の場合多くは移民して行くのである。家族で行ってそこに定着をし、子孫を増やし、中国語の学校を建て、事業をし成功したら家族親族を呼ぶ。これからは益々国際化時代で世界で一番多くの人口を持つ中国の人とも相手を知り、上手に付き合っていかなくてはいけない。

-じいちゃん(ジョナサン), 海外

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

妻が初めて私の実家に来た時の感想

もうかれこれ44年も前の話。 妻が私と結婚して山口の山陰にある私の実家に来た時の感想。 生まれて初めて山陰本線の単線を見た時、上りと下りの汽車はどこですれ違うのと聞いてきた。 それもそのはず妻の故郷は …

孫娘が選ぶ今日のじいちゃんのネクタイ

私には4才になる孫娘がいる。以前は妻に「今日のネクタイはどれがいいと思う」と聞いていた。しかし最近は孫娘に「今日じいちゃんが着けるネクタイこれとこれどっちがいいと思う」と聞くことが多くなった。 女の子 …

戦後の日本を救った人と国スリランカ

数年前、徳山動物園にスリランカから6000キロの旅をして二頭の象がやって来た。二頭の象はオスのミリンダ、メスのナマリーである。 これは周南市の市政10周年、及びスリランカと日本の国交樹立60周年を記念 …

2人の桃源郷、故郷で稲の収穫作業

緑米(古代米の一種)のハザ掛け 私の故郷は山口県下関市の里山。 10月31日、稲の収穫の手伝いに行った。 午前中はハザ掛けと言って刈り取った稲の天日干しの作業。 午後は脱穀と言って籾(もみ)と稲わらを …

車検から戻ってきた愛車

新車を買ってから3年目、11月1日初めての車検に出した。 仕事は継続しないといけないので代車を出してもらった。 連休明けの今日、車検の完了の連絡が入った。 どこも悪いところは有りませんとの事、お陰で諸 …

 

  • 74現在の記事:
  • 17443総訪問者数:
  • 66今日の訪問者数:
  • 365昨日の訪問者数:
  • 243一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: