三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

子育て・家庭教育 教育

児童養護施設を見学 国際的批判と家庭の必要性

投稿日:

世界から批判されている日本の保護児童の養育に対する取組

紹介があり、児童養護施設を見学に行きました。様々な事情により、家族と過ごせず保護された子供たちが、育ち生活する施設です。

過去には戦争で親を亡くした子供たちが多く全国に設置されたそうですが、現在では家庭内の問題による保護がほとんどだそうです。近年では大震災により親を亡くした子供たちも入っています。

しかし日本の児童養護施設の運営は、国連から批判されているそうです。それは、以下の3点が出来ていないからです。

・児童たちは原則、家庭環境が与えられること
・施設養護は段階的に廃止、脱施設化を進めていくこと
・施設への入所は、必要に応じたごく限られたケースのみとすること

国連「児童の代替的養護(=社会的養護)に関する指針」

つまり、集団養育を施設で行うのではなく、家庭に近い形で子供たちを育てるべきだということです。日本で養子縁組や里親制度などの取組が国際的に遅れているということで、2010年「国連子どもの権利委員会」から公式な報告書内で勧告を受けています。

こうした中で、日本も段階的に養護施設の子供たちを少なくし、里親制度や小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を進めているそうです。ファミリーホームは、里親(養育里親や専属里親)を経験した人が、一般的な住居で5、6人の子供たちを育てるものです。

家庭の必要性と里親について

様々な価値観が広がり、結婚や家庭、家族に対する考え方が多様化しています。しかし、国際的な批判から、やはり子供には「家庭」が必要だということを再確認できました。

それからこの課題と初めてぶつかり、私たちのあるべき姿を考えさせられました。里親として、子供たちを迎え、自分たちの24時間の生活を見せながら、子供一人を育てていくことは本当にすごいことです。そう考えていく時に、我が子にそれだけの愛情をかけ、見本を示せているのか反省させられます。

また里親についても考えさせられます。里親は、研修を受ければ、独身でもなることができるそうです。里親には、療育に必要な経費が支給されます。

里親制度等について(厚生労働省HP)

-子育て・家庭教育, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海の見える公園

海の日なので海へ とはならなくて 海の見える公園にきた。 自然が心に安らぎを与えてくれる。 遊具もあり子どもも喜んでくれる。 お金をかけなくても敷物を持って、水筒と少しのお菓子でピクニック。 こんなお …

子どもと「段ボールハウス」に挑戦

穴はみんな大好き 入ってみたり、覗いてみたり ちょうど娘と息子が覗ける高さに穴をあけるのが、パパの隠れた心遣い^^ キリンさんみたいなおうち になりました♪ にほんブログ村 ランキングに参加しています …

アフリカで育った子供達

私達親が海外宣教に1975年から1993年迄の18年間海外生活をしていた為に3人の子供達の人生に大きく影響を与える事になった。長女は香港生まれ、長男はウガンダ生まれ、次女はケニア生まれとなった、しかし …

幼稚園のお弁当~愛する娘へ~

娘の幼稚園では週に一回お弁当の日がある 前日に「○○ちゃん明日お弁当だね」と幼稚園帰り車ので話すと 「やったー!玉子焼きとー      ブロッコリーとミートボールと…入れてね!」 毎回同じメニュー。笑 …

家庭で愛を知る

娘が幼稚園から小さな贈り物を持って帰ってきてくれた。 大好きだよ いつもありがとう 先生が書いてくれたんだろうけど、何ともいえない気持ちになったよ。 子育てをしていく中で、今まで感じたこともない感情に …

 

  • 72現在の記事:
  • 13626総訪問者数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 156昨日の訪問者数:
  • 222一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: