三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 農業

合鴨農法

投稿日:2019年7月2日 更新日:

お米農家にとって一番頭を悩ませるのは雑草である。古代から農家の人達は田植えをした後、お米の苗と苗の間に生えてくる雑草を取り除くのに多くの時間を費やして来た。しかし今日では耕作面積の拡大と共に大型機械を使って田植えや刈り取りなど一気にやってしまう。雑草は農薬をふんだんに無人ヘリコプターで散布して雑草を生えないようにする。雑草を殺す程の農薬を撒いてお米に影響がないわけが無い。私達が知らずに食べているお米は農薬にまみれたお米かも知れない。口にする物だから農薬の沢山混じったお米はアトピーなど様々な健康を害する事にならないでしょうか。スーパーで並んでいるまっすぐなキューリやトマトやキャベツやイチゴどれも美しい、でもどうしてそんなに綺麗に出来るのだろうか?農薬を沢山使っていませんか?農薬の散布によって昆虫や蛍や蜂まで消えてゆく。

そんな中、山口県下関市菊川町吉賀に数軒合鴨米を作っている農家がある。そこの主人に合鴨農法について少しお話を聞いた。ここの農家は全く農薬を使わないで合鴨の雛を田んぼに入れて雑草や虫を食べてもらい安心安全のユニークな方法で合鴨米を栽培しておられる。孵化したばかりの合鴨の雛を名古屋方面から空輸して運び、合鴨を管理しながら草を食べてもらう。時間も費用もかかるので趣味としてやっていますと言う事だった。稲がある程度育ったら合鴨の使命が終わる。その合鴨たちは別の場所に写されて一日中餌を食べて大きくなって食用となる。可哀想に‼️

合鴨農法の説明看板があったのて添付します。

-じいちゃん(ジョナサン), 農業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

熊本からやって来たスイカ売り🍉

私の住む下関に熊本からスイカ売りがやって来た。連日の真夏のような暑さでスイカを食べたい時期である。下関市街から菊川町に向かって車を走らせると約200m間隔で1玉スイカ500円と言う立て看板が置いてあっ …

十二支の由来-2020年は子年(ネ=ネズミ年)

もうすぐ師走、来年2020年は子年(ネズミ年)ですがその由来はどこから来ているのでしょうか。高校生の時の漢文の先生(僧侶)から聞いた干支(えと)、十二支のお話をお正月を迎えるにあたり紹介いたしましょう …

生まれた順番と人生への影響

何番目に生まれたとか、男として生まれたとか、女として生まれたとか、これは神様が決める事で有って自分で選ぶ事はできない。あなたは長男に生まれれば良かったとか、長女に生まれたかったとか思った事は有りません …

貝汁が食べたいなら・・

山口県山陽小野田市埴生には名物の貝汁がある。 本州と九州を行き来する車のパーキングエリヤだ。 ここには長距離運転手達の休憩所で温泉と大衆食堂がある。 名物のアサリの貝汁は大きなお椀に山盛り貝が盛られて …

アフリカの食べ物

皆さんアフリカではどんな物を食べるのか今日は紹介致しましょう。日本ではお米が主食ですが、アフリカでは地方によって色々な主食としての食べ物があります。マトケ、ポショ、カサバ(キャッサバ)、お米などがあり …

 

  • 66現在の記事:
  • 175今日の閲覧数:
  • 99昨日の閲覧数:
  • 24769総訪問者数:
  • 140今日の訪問者数:
  • 76昨日の訪問者数:
  • 88一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: