三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

土=The Ground・・・ Poem:Misuzu Kaneko

投稿日:2019年12月10日 更新日:

こッつん こッつん

打たれる(ぶたれる)土は

よい畠になって

よい麦生むよ。

朝から晩まで

踏まれる土は

よい路になって

車を通すよ。

打たれぬ土は

踏まれぬ土は

要らない土か。

いえいえそれは

名のない草の

お宿をするよ。

The Ground

Poem:Misuzu kaneko

Translation,Illustration : Midori Yoshida

Pound pound

The pounded ground

Will become a good field

And bear good barley.

The trodden ground

From morning till night

Will become a good road

For cars to pass along.

But what about the unpounded

And untrodden ground…

Is this ground useless?

No no

It will be a good home

For the unknown wild grass.

 埋もれた童謡詩人金子みすゞの遺稿を見つけ出し、それを広く世に送りだした児童文学者矢崎節夫氏は、「こっつん」の ‘つん’ を 「つん」と上げて読んだか、下げて読んだか、読者に問いかけています。確かに、「こっツン」と上げて読むか、下げて読むか、違いますね。(みすゞさんは、「こッつん」と表記しています。)

 明治36年に生まれ、大正時代、昭和時代の初期に生きたみすゞさんの詩には、カタカナを自由に使って表現した詩が多く見られます。

 「こっツン」と上げて読めば、土の叫び。「コッつん」と下げて読めば、土を打つ人が拍子を取っているようですね。

 そのどちらともとれる「こッつん」を自由自在に使ったみすゞさんは、自由な発想の持ち主だと感心します。

 そして、どんなものも要らないものは地球上にはないというメッセージが力強いですね。

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

One Family Under God~1983年7月21日 ウガンダ・エンテベ国際空港についに到着

ついに、ウガンダに到着した。ウガンダのエンテベ空港には、のどかな雰囲気が漂っていた。辺りを見回すと、今日中に発着陸がありそうな飛行機は、広い飛行場の中に私たちが乗ってきた飛行機1機のみだった。10人く …

One Family Under God~1983年7月21日 エンテベ国際空港から首都カンパラへ

 ウガンダのエンテベ国際空港に着いた。空港周辺は温暖な気候だった。赤道直下の国ではあるが、東アフリカ高原に位置しているため、日射しは強いもののそんなに暑くはない。空気は湿気がなく、からりとしていて気持 …

私のアフリカ~1983年4月  One Family Under God

 世界に散らばる世界平和統一家庭連合の日本人信徒たちが夫婦で集められ、1983年1月から120日の修練会が持たれた。One Family Under God の実践部隊だ。  私たち夫婦は少し前まで香 …

健気に咲くハブランサス

猛暑の中にハブランサスがまた咲いて、、、、萎れていった、、、 鉢植えのハブランサスは、 今年は初めに5本花茎が出たあとは、 ひと雨ごとに1本ずつ咲いて5回目の花 だろうか、、、、、 もうこの夏最後の花 …

no image

姉と私~やっぱり、姉ちゃん~

姉と私は2つ違い。父と母は、自営業で毎日朝から晩まで働いていた。’娘3人いれば身上が潰れる′といわれた時代だ。父と母には5人の娘がいた。   ある日、小学校5年生の姉と3年生の私はついにし …

 

  • 49現在の記事:
  • 35今日の閲覧数:
  • 134昨日の閲覧数:
  • 33620総訪問者数:
  • 30今日の訪問者数:
  • 67昨日の訪問者数:
  • 109一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: