三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し 童謡詩人 金子みすゞの詩

女の子とは?  金子みすゞの時代(100年前)と50年前、そして現在、未来は~

投稿日:2019年9月3日 更新日:

50年も前になるが、私の高校は公立の女子高校だった。(現在は男女共学になっている。)ある古文の授業で、高齢の男の先生が呟いた。「君たちはいいなぁ~」と。話しを聞いてみれば、「君たち、女子には3つのチャンスがある。」というのだ。

まず、「君たちは自分が首相になることにチャレンジ出来る。」

そして、「君たちは自分の夫が首相になるようにチャレンジ出来る。」

さらに、「君たちには孫を首相にさせるチャンスがある。」

あれから50年が経った。ウーマンリブや、ジェンダーフリー、、、様々な価値観とその運動が提唱されてきた。

しかし、女性の価値評価は時代によって変わっても、女性の価値そのものは変わらないと私は思う。

三世代家庭理想の中に、平和と幸福の原点を見つけたいと願って日々を暮らしている。

ちなみに、金子みすゞが生きた100年前の女の子は?

金子みすゞの詩 <女の子>

女の子って

ものは、

木のぼりしない

ものなのよ。

竹馬乗ったら

おてんばで、

打ち独楽(うちごま)するのは

お馬鹿なの。

私はこいだけ

知ってるの、

だって一ぺんずつ

叱られたから。

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し, 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

みんなを好きに I want to learn to like Everybody and Everything

みんなを好きに    詩・金子みすゞ 私は好きになりたいな、 何でもかんでもみいんな。 葱も、トマトも、おさかなも、 残らず好きになりたいな。 うちのおかずは、みいんな、 母さまがおつくりなったもの。 …

no image

姉と私~やっぱり、姉ちゃん~

姉と私は2つ違い。父と母は、自営業で毎日朝から晩まで働いていた。’娘3人いれば身上が潰れる′といわれた時代だ。父と母には5人の娘がいた。   ある日、小学校5年生の姉と3年生の私はついにし …

久しぶりのオーシャンブルー

おはようございます^_^ 久しぶりのオーシャンブルー 今朝は6つ咲きましたー ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

甥が見た虹 聖書-虹の契約

 母の入院で、看病のために病院に向かう電車の車窓から虹が見えたという甥。思わず写真におさめたのだろう。こんな写真を見せてくれた。  一つの虹の上にもう一つ、大きな虹がかかっている二重の虹だ。  聖書に …

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「大漁」~人間中心の視点へ⁉

朝焼小焼だ 大漁だ。 大羽鰮の 大漁だ。 浜はまつりの ようだけど 海のなかでは 何万の 鰮のとむらい するだろう。    *大羽鰮:おおばいわし A Big Catch Poem:Misuzu Ka …

 

  • 58現在の記事:
  • 5今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 25483総訪問者数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 104昨日の訪問者数:
  • 99一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: