三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 家族

妹の死、永遠の世界(霊界)への旅立ち

投稿日:2019年11月18日 更新日:

大分久住の花広場

今朝、妻の妹が病気で亡くなった。

1ヶ月前緊急入院し、皆んなの祈りやお医者さんの全力の治療も虚しく地上生活を終えた。

妻は全てを置いて実家に帰り、約1ヵ月妹の付き添いをした。

それがせめてもの慰めとなった。

私の父が他界した時、祖父が迎えに来て霊界を案内してくれたと霊界からの父のメッセージで聞いた。

妹もすでに他界している父母が迎えに来てくれると嬉しい。

人の人生は3段階ある。母の胎中十月十日➖地上生活約100歳前後➖永遠の世界。

胎中は地上生活の準備、地上生活は永遠の世界の準備期間、それによって永遠の世界での位置が決まる。

お金や地位や名誉は霊界に持っていけない。では何をすれば良いのか。

他のために生きる愛の完成、夫婦の愛、親子の愛、子女の愛、兄弟愛を地上で体験して愛を育んでこそ、永遠の神様の懐に帰ることができるのではないか。

-じいちゃん(ジョナサン), 家族

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

気になるニュース、日本の捕鯨

↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

日本で最初にクリスマスを祝ったのはどこ

日本にキリスト教を最初に伝えたのがイエズス会のフランシスコ・ザビエルである。 フランシスコ・ザビエルの像 ザビエル一行6人は1549年8月15日鹿児島県の祇園之洲町に着いた。そしてザビエルは日本を離れ …

安息日(あんそくび) 神様のために捧げる日

考えてみれば、16歳私が高校一年生の時、キリストの再臨である再臨主に出逢って以来日曜日はずーと教会に通っている。雨に日も風の日も試験の前日もお祭りの日も人との約束よりも神様との約束を最優先してやって来 …

野生蘭

5月の連休に生まれ故郷を訪ね一泊二日してきた。そこは数百年昔の姿がそのまま残っている。子供の頃、山、川、田んぼなど自然と戯れた思い出が一気に蘇る。 そこは山口県下関市豊北町阿川細井医王庵と言う所。隣の …

アラスカでサーモンとハリバット釣り

1992年世界各地120カ国に行っていた宣教師が全員アメリカのアラスカに呼ばれ約一週間主と共に釣りをした。お話を聞いたり、講義を受けたり、朝五時に起きてみ言葉の訓読をしたり、祈祷したり、その日に釣った …

 

  • 134現在の記事:
  • 104今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33176総訪問者数:
  • 93今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: