三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

パパ・ママ 子育て・家庭教育

娘と私

投稿日:2019年8月23日 更新日:

北海道から帰ってきたママ

娘が昨日から、夏休みの預かり保育(夏期保育)で幼稚園に行っています

園児は希望者のみの登園 先生も交代出勤での夏期保育

北海道へ行く前の三日間くらいも夏期保育へ行っていましたが
娘はいつもと違う雰囲気の幼稚園で「幼稚園嫌だー」
と、幼稚園に通い始めたときに戻ってしまいました

「ママ、ママ、明日お迎え来る?すぐ来る?」

「うん行くよ。○○ちゃん大好きってお迎えに行くよ」

「ほんとに ほんと?」

昨日からずっとその繰り返しです
そう、涙目になりながら…

幼稚園に向かう車では大泣きでした

そんなやり取りを何回繰り返したのでしょう

「親である私も疲れてしまうな。でも娘は必死に頑張ろうとしているんだ。
 可哀そうに…私が仕事をしているばかりに預けられるなんて、ほんとにすまない。」

そう思った瞬間でした


それが今の私の姿である


親なる神様はそのように私を見ておられる
そう気付きました

私は考え込む性格のせいか、本当に悩みがつきません
次から次へと出てくるのです
なんとか頑張らないといけない
でもどうしたらいいのか…

うじうじした自分がいます
娘と似ているのです

娘を育てているのは間違いなく親の私です
神様が私の親なら、私と同じことを思うでしょう

私の成長のために見守ることしかできない
疲れても見放すことはできないし、どうしてあげれば良いものか
可哀そうだからもうこの現状から辞めさせてあげたい
でもそれでは、私のためにはならない

全く手を焼く私でありました

親になって親なる神様の心情を知ると言いますが
こんな形でも知ってしまいました


いつもこんな私を見守って下さったのですね
ありがとうございます
すみませんでした

娘は私の一部です
私の成長とともに育っていくんだと悟ったときでした




-パパ・ママ, 子育て・家庭教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【絵本】 こんとあき

妻が子供ができたら読んであげたいとお嫁に来た時に持ってきた 昔から好きな絵本だったらしい 女の子とキツネの人形が、遠く鳥取のおばあちゃんに会いに旅に出る話 ダッフィを抱えてやってきた妻と重なった 是非 …

不動産経営を始めたキッカケは三世代

不動産経営を始めたキッカケは主人です。 「子どもが4人欲しいなら、勤め先を気にすることなく収入が得られるよ!」 どちらかと言うと外に出て働くことが好きな私ですが、妊娠出産となるとそうはいきません。でも …

夫婦でのひと時

仕事終わりに夫婦で落ち合わせて用事を済ませ、近くのカフェへ。 私たちは、月に一度、夫婦の日をつくって一緒に過ごすことにしている。 でも最近は、なかなか時間が取れなくて。 だから今日は幸せでした。 時間 …

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

俵万智さんの有名な短歌 「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ 教科書にも載っているので皆さん知っていると思います 何気ない日常が大切で ただ隣に人がいるだけでも幸せなのです 人 …

母へ

今日私は誕生日を迎えた 実家の母に「お母さん、今日私誕生日だよ!生んでくれてありがとう」と電話をしたのだが、母も「生まれてきてくれてありがとう!」と言っていた 「なんか涙が出るね。」と母は言う 子育て …

 

  • 55現在の記事:
  • 43今日の閲覧数:
  • 156昨日の閲覧数:
  • 25338総訪問者数:
  • 39今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 107一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: