三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン)

孫の日-海へ山へ公園へ

投稿日:

新しい年2020年を迎えるにあたって、8つの目標を掲げた。その第1が「楽しい3世代家庭生活」。その為に様々な実践、取り組みをしている。その一つに月一回「孫の日」を設定した。それが月の第3日曜日午後、つまり今日だ。

午前中は家族みんなで教会に行き、午後に時間は2人の孫を預かって、公園に行ったり、海に行ったり、子供は自然が好きだから外に出かける。同時にその日は若い夫婦は仕事や子育てから解放されて2人だけの自由な時間を持てる様にする。そうする事によって、若い夫婦は不足しがちな夫婦のコミニケーションを密にとる時間に当てることが出来る。又、私達祖父母にとっても、孫とのかけがえのない触れ合いの時間ともなる。

今日は冷たい風が吹き少し寒い日だったが、孫達はこの日を楽しみにしていて、寒くても絶対行くと大張り切りだ。最初の1時間は夏は海水浴場となる砂浜に行った。貝殻を拾ったり、棒で砂地に絵を描いたり、波が砂浜に打ち寄せたり引いたりするのに合わせ波を追っかけたり逃げたり楽しそうにしていた。

休憩におやつを食べて、今度は近くの公園に行って、そこに設置してある遊具施設で残りの1時間遊んだ。すべり台、シーソーなど色々あった。多少転んでも失敗しても、それも全ていい経験だ。思いっきり遊んだ後は、帰りの車の中で疲れたのか居眠りをしていた。家に帰って家で待っていたおばあちゃんにバトンタッチして孫たちのお父さんお母さん達が帰るまで遊んでいた。

孫たちはエネルギーが有り余っているので、たったの半日ではあるが結構疲れた。若い夫婦の子育ての苦労の一端を理解した。

-じいちゃん(ジョナサン),

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

孫達と日曜日の午後のひととき

日曜日は冠婚葬祭を除いて教会の礼拝に家族で参加している。 午後から息子夫婦が用事があったので、孫達を預かった。 自然との触れ合いを体験させる為海岸に行った。 孫達が一番喜んだのは寄せたり引いたりする波 …

築約200年の家-我が故郷

私の生まれ故郷の家は建てられて約200年近い、私が子供の頃まだ茅葺(かやぶき)の屋根だった。 (約60年前の写真)この家が建つ前はもっと大きな家で300年位の歴史があったが火事で焼失し、歴史的資料も同 …

大学時代のクリスマスの思い出➖北海道の僻地小学校を慰問

私が北海道で学んだ大学は酪農学園大学というミッションスクールであった。 キリスト教精神で北海道を始め、日本全国の酪農家の子弟を育てようと大学が設立された。建学の精神は「神を愛し、人を愛し、土を愛す」で …

食べすぎてポッコリお腹の息子

食べすぎてポッコリお腹になった息子 口からこぼしたご飯粒が彼のお腹の上に見事に着地する このような中年にならぬよう頑張ります^_^

ファミリーフィッシング大会

2019年年9月16う日(祝日、敬老の日)山口県西部ファミリーフィッシング大会を長門市仙崎の人工島で家族連れ約60名が集まって行なった。この人工島は童謡詩人の金子みすゞ記念館のすぐ近くに位置する。釣り …

 

  • 44現在の記事:
  • 42今日の閲覧数:
  • 201昨日の閲覧数:
  • 28871総訪問者数:
  • 31今日の訪問者数:
  • 156昨日の訪問者数:
  • 166一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: