三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 旧約・新約のみ言(聖書)

家庭礼拝

投稿日:2020年3月22日 更新日:

普段は家族揃って日曜日は教会に行って日曜礼拝に出席している。ところが今年3月は新型コロナウイルスの世界的大流行の為政府の集会やイベントの自粛要請に従って、私達の通っている教会も礼拝も全てのイベントも中止となった。その為家庭で礼拝を親と子と孫の3世代6人で、司会など役割を分担して行った。

一番最初に家庭連合の教会に行ったのは今から54年前の3月24日である。当時まだ高校1年生の終わりころで年は16歳、頭は丸坊主だった。教会では肉体の誕生日と霊の誕生日の2つの誕生日があって、3月24日は正に私の霊の誕生日である。この日は神様と再臨主を知った日である。

新約聖書ヨハネの黙示録第3章1節に「あなたは生きているというのは名だけで、実は死んでいる。」と書いてある。その如く3月24日私の霊の誕生日以前は確かに肉体は生きていたが、神様の存在も知らず、生きる目的も知らず、死後の世界も知らずただ漠然として生きてきた。これは神様の目から見たら、生きているというのは名だけで、実は霊的には死んでいる状態なのだ。

神様は堕落した人類を救う為に救い主独り子イエス キリストをこの世に送られた。ところが、家族もユダヤ教もイスラエル民族もイエス様を救い主として認めないばかりか、世を惑わす者として十字架につけて殺してしまった。それでも神の子イエス様は十字架上でとりなしの祈りをされた。新約聖書ルカによる福音書第23章34節にはイエスは言われた「父よ、彼らをお許し下さい。彼らは何をしているかわからずにいるのです」。

そしてイエス様は再臨を約束された。新約聖書の一番最後、ヨハネによる黙示録第22章20節には「しかり、わたしはすぐに来る」。神様は新たな選民を立てられ、イエス様から2000年後韓国に再臨主、独り子、独り娘を送られて、救いの摂理が人々が知らない間に始まって久しい。そのお方は全人類の父母として来られた。

-じいちゃん(ジョナサン), 旧約・新約のみ言(聖書)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第35代ケネディアメリカ大統領の就任の言葉

1961年ジョン F ケネディは若干43歳の若さで第35代アメリカ合衆国の歴代最年少の大統領になった。ケネディ大統領の就任演説はあまりにも有名であるが、その中で次のような名言を残した。 「米国民の同胞 …

熊本からやって来たスイカ売り🍉

私の住む下関に熊本からスイカ売りがやって来た。連日の真夏のような暑さでスイカを食べたい時期である。下関市街から菊川町に向かって車を走らせると約200m間隔で1玉スイカ500円と言う立て看板が置いてあっ …

大学時代のクリスマスの思い出➖北海道の僻地小学校を慰問

私が北海道で学んだ大学は酪農学園大学というミッションスクールであった。 キリスト教精神で北海道を始め、日本全国の酪農家の子弟を育てようと大学が設立された。建学の精神は「神を愛し、人を愛し、土を愛す」で …

猿の集団出没と環境問題

久し振りに山口の実家を訪ねると数十匹の猿の集団が我が物顔をして近くの田んぼで運動会をしていた。今まで猪や鹿や猿が出るとは聞いていたがこんなに沢山の猿の群れを見たのは初めてだ。そこで兄達と環境問題につい …

褒める(ほめる)

玄関先の観賞魚 グーピー 人は玄関に他人に一番見せたいもの、褒めてもらいたい物を綺麗に飾っている。それが水槽の魚だったり、生け花だったり、孫の習字だったり、絵画だったり、魚拓(墨などを使って、釣った魚 …

 

  • 71現在の記事:
  • 80今日の閲覧数:
  • 174昨日の閲覧数:
  • 33964総訪問者数:
  • 68今日の訪問者数:
  • 82昨日の訪問者数:
  • 75一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: