三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し 映画・家族で見た映画

家族で見た家族の映画~サウンド・オブ・ミュージック

投稿日:2019年12月2日 更新日:

 小学生だった子どもたちが最もよく見た映画と言えば、『サウンド・オブ・ミュージック』だろう。

 映画と言っても、実はDVDで見た訳だが、アフリカの地でテレビのチャンネルはひとつ、子供番組は夕方の1時間だけという時代だった。オリジナルの英語のDVDしかなかったので、そのまま何度も何度も見ていた。

 1965年の製作から40周年を記念して出されたサウンド・オブ・ミュージックのファミリー・バージョンのDVDを最近購入して、4歳の孫と一緒に見た。まだ、4歳児には難しいだろうとは思ったが、案の定、半分くらいから、「公園に行こう」と言い出した。お祖母ちゃんの方は公園から帰って、また続きを見るほどに、何度見てもはまってしまう心温まる家族の映画だけれど、、、

 すでに、製作50周年の企画もなされ、今後も、時代を超えて愛される永遠のミュージカル映画 あなたも思い出を紐解いてみませんか?

 

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し, 映画・家族で見た映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

みんなを好きに I want to learn to like Everybody and Everything

みんなを好きに    詩・金子みすゞ 私は好きになりたいな、 何でもかんでもみいんな。 葱も、トマトも、おさかなも、 残らず好きになりたいな。 うちのおかずは、みいんな、 母さまがおつくりなったもの。 …

2冊の本 金子みすゞ童謡集<睫毛の虹>

子どもの心の動きをとらえていて、思わずフフッと笑ってしまう、お茶目なみすゞさんの詩が、<睫毛の虹>です。 <睫毛の虹> ふいても、ふいても 湧いてくる、 涙のなかで おもうこと。 ーーーあたしはきっと …

One Family Under God~1983年7月21日 エンテベ国際空港から首都カンパラへ

 ウガンダのエンテベ国際空港に着いた。空港周辺は温暖な気候だった。赤道直下の国ではあるが、東アフリカ高原に位置しているため、日射しは強いもののそんなに暑くはない。空気は湿気がなく、からりとしていて気持 …

バスの中・・・菊の花束

 故郷にて、バスに乗った。結構混んでいたのでバスの後方に行き、相席を一つ見つけた。挨拶して座ろうとしたが、隣りの方は菊の花束を持っていて、こっちの席に少しはみ出していた。花に触ってはいけないと思いなが …

One Family Under God~1983年 8月 夕方6時以降の銃声

 ウガンダの首都カンパラの夜は不気味だった。毎日毎日夕方6時以降になると、まるで決まって鐘の音が響くように、しかし断続的に何処からともなく銃声が鳴り響いていた。空に向けて発砲されたようなものもあったが …

 

  • 38現在の記事:
  • 18266総訪問者数:
  • 94今日の訪問者数:
  • 113昨日の訪問者数:
  • 192一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: