三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 人間関係 夫婦

幸せは相対(相手)からくるもの

投稿日:2020年2月17日 更新日:

私達はどの様な時に幸せを感じるでしょうか。それは自分自身からと言うよりも相手から来る刺激ではないでしょうか。例えば世界的に有名な声楽家が無人島できれいな声を張り上げて歌ったとしても聴いてくれる観客も誰一人いなかったとしたら虚しくなってしまうのではないでしょうか。

photo:02

逆にお母さんが赤ちゃんを生み、まだ赤ちゃんが何も話せなくてもお母さんが赤ちゃんに向かってあやしたり、優しく話しかけたり、歌を歌ってあげたりして赤ちゃんがつぶらな瞳で笑い返すとそこにお母さんは無限の喜び、愛の刺激を受けるのではないでしょうか。父母は愛しい赤ちゃんを見つめながら目はお母さん似だとか、耳はお父さん似だとか、鼻はおじいちゃんにだとか、言い合って喜ぶというのです。

photo:01

では神様はどうなんでしょう。私達は神様が全知全能のお方であると言う事を知っています。神様に知識が必要でしょうか、神様が創造されたのですから全てご存知です。又なんでもなさる全能のお方でもあります、故に人間が欲しがる様な権力も必要ありません、なぜなら全能のかたであるからです。
では神様にとってお金が必要でしょうか、金もダイヤモンドも全て神様がそれらを創造されたのですからそれらはもっておられます。

ではなぜ全て備えられている神様は人間や万物を創造されたのでしょうか。神様でもできない事が一つあります。それは愛の完成です。愛と言うものは一人では成立しません。喜びの為の善の対象として人を創造されたので、神様が人間を愛され、人間から返って来る愛と刺激によって神様も喜ばれ幸せを感じられると言うのです。

そこで神様は神様ご自身を含めて、全ての存在が互いのために生きると言う原理原則をを立てられたのです。神様は人間のために生きられ、人間は神様の為に生き。夫は妻の為に生き、妻は夫のために生きる。親は子の為に行き、子は親の為に生きるなどなどです。

-じいちゃん(ジョナサン), 人間関係, 夫婦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日曜礼拝と男子会

16才の高校一年生の終わり頃から家庭連合の教会に日曜毎通い始めて、もうかれこれ53年になる。下関教会に2年、北海道の札幌教会に5年、旭川教会に2年、シンガポール教会に5年、香港教会に3年、アフリカのウ …

南国の果物「ドリアンとジャックフルーツ」

海外宣教に東南アジアやアフリカに18年行ったが、その間色々な日本では見れないフルーツを見た、食べた。今日はフルーツの王様「ドリアン」と世界最大の果物「ジャックフルーツ」を紹介致しましょう。神様は色々な …

瀬戸内のハワイ、周防大島特産品大島みかん🍊

周防大島は瀬戸内海で3番目に大きな島だ、一周約30キロある。 海に囲まれて温暖な気候はみかんの栽培に適しており、島全体で栽培されている。 ここのみかんは皮が柔らかく果実も甘くて美味しい。 今日は月末で …

褒める(ほめる)

玄関先の観賞魚 グーピー 人は玄関に他人に一番見せたいもの、褒めてもらいたい物を綺麗に飾っている。それが水槽の魚だったり、生け花だったり、孫の習字だったり、絵画だったり、魚拓(墨などを使って、釣った魚 …

文在寅政権の「積弊清算」最優先に対するメデアの反応

↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

 

  • 70現在の記事:
  • 17今日の閲覧数:
  • 89昨日の閲覧数:
  • 33672総訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 69昨日の訪問者数:
  • 102一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: