三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 宗教

日本で最初にクリスマスを祝ったのはどこ

投稿日:2019年12月4日 更新日:

日本にキリスト教を最初に伝えたのがイエズス会のフランシスコ・ザビエルである。

{E05F91D1-B7D7-4E66-8CC9-BE84337413CD:01}

フランシスコ・ザビエルの像


ザビエル一行6人は1549年8月15日鹿児島県の祇園之洲町に着いた。そしてザビエルは日本を離れる1551年11月16日迄の約2年3ヶ月の間鹿児島、長崎平戸、博多、山口、京都、大分など各地で多くの人に布教した。最初の鹿児島では10ヶ月の滞在中100人以上の信者を穫得している。
日本でのある程度の宣教基盤を築いたザビエルは宣教の仕事を後任に託して自らは日本を去り、一旦東洋宣教の拠点であるインドのゴアに戻った。そして次の宣教地として中国に宣教に向かったが、香港に近い上川島で熱病に冒され1551年12月47歳の若さで地上での生涯を終えた。

日本で最初に降誕祭(クリスマス)が行われたのは、ザビエルが日本を去ってから2年後の1552年の年末で、山口に建てられた教会堂で祝われた。

{63F4AC56-03BE-4960-AFE3-C0C850FB990D:01}

焼失前のザビエル記念堂(山口市)


ザビエル記念堂からは今に至っても一年中毎時教会の鐘が街一帯に響き渡っている。
そして、ここ山口市は12月になるとクリスマス都市としてクリスマスイベントがあちこちで行われている。

{92DD759D-1C3B-496C-9C33-55116BC1F2D2:01}

現在のザビエル記念堂の外観

{BE640633-CCA5-44FA-A8CE-8891D995F4E5:01}

ザビエル記念堂内観、地下はザビエルの日本布教の資料館


もうすぐクリスマス、約2000年前神様は人類の救世主として独り子イエス•キリストをこの世に遣わされた。しかしイエス様の誕生の際には受け入れる家もなく、馬小屋の飼い葉桶の中という悲惨なものだった。イエス様のたった33年の生涯の中で神の子としての権威を持って真理の御言葉を語られた。しかし選民ユダヤの人々には受け入れられず、世を惑わす者、悪鬼の頭として迫害をうけ、無念にも十字架に架けられ、地上天国、天上天国を見ることなく亡くなられた。イエス様は「しかり、私はすぐに来る」。(新約聖書 黙示録22章しょう22節)私は再び来るという言葉を遺されて逝かれた。その再臨の時がイエス様から2000年後の現代に当たる。

{9E77C820-61ED-487C-9F0A-20BE30FD650E:01}

原理講論より


-じいちゃん(ジョナサン), 宗教

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

昼食、弁当忘れ、台湾ラーメン

いつもは仕事に出る時、妻が愛妻弁当を作ってくれる。 しかし妻の妹が病気の為、里帰りしていない。 その為、毎日自分で弁当を作っている。 今朝も、せっかく作ったのに持って行くのを忘れた。 近くの台湾レスト …

古希を迎えて

古希(こき)とは数え70歳。原文表記は古稀。唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代の付けは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人 …

東南アジアの華人とアフリカのインド人

東南アジアのどこに行っても華人(中国人)がいます。華人とは昔華僑と呼ばれていた人達で、その昔中国の本土から東南アジア諸国に出稼ぎに来てお金を稼いで家族に送金していました。それらの人達やその子孫がそのま …

結果の全ては自己責任

営業をやっていると実績のいい日もあるし、悪い日もある。 結果の悪い日は、天気や商品やお客様や消費税の値上げなど他のせいにしがちだ。 1日が終わって今日の1日を反省するとき、 全て自己責任として振り返る …

妻の帰宅、家族の再会

約1ヶ月間妻は妹の病気の看病の為実家に行っていた。 今日久し振りに戻ってきた。向こうではとても頑張った様だ。 こちらも妻の不在の間、色々と不便は有ったが若い家族と同居していたお陰で何とか乗り切れた。 …

 

  • 71現在の記事:
  • 125今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33193総訪問者数:
  • 110今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: