三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

人格・成長・人生・時間

時間欠乏をなくす考え方 時間泥棒の正体

投稿日:2019年8月16日 更新日:

TIME IS MONEY(時は金なり)

いや

TIME IS LIFE(時は命である)

と言っていい

限られた人生をどう生きるか

忙しい現代人は常に時間に追われている

時間泥棒の正体

さて忙しい現代人と言ったが、もしかしてこの「忙しい現代人」というのは幻想かもしれない

つまり時間泥棒はいないのだ

みんなたっぷり24時間もの時間が与えられていて

本当はゆっくり楽しめるのだけれども、

私たちは自分が忙しいと思い込み、忙しいふりをして、日々謀殺された気分になっているのではないか

いや本当に忙しいんだよ!という方もいらっしゃると思います

でも仮に忙しかったとしても、自分には時間がたっぷりあり、充実した毎日を過ごしていると考えた方がゆとりがあり健康的です(^_^)

時間欠乏をなくす考え方

とは言っても忙しく感じるのはなぜだろう

忙しく感じるのは多種類のタスクが同時に多くある時だ

しかもそれが突発的に次々に起こった時に忙しさを感じる

2つ以上の相反する目的がある時に、人は時間のコンフリクトを起こす

コンフリクトとは

それを解決するには、より大きな目的(タスク)を明確にもつことを持つとよい

例えば、「①ブログを書きたい」ということと、「②専門性をあげる勉強をしたい」という二つのことをしたいとする。

そこで、こう考える

「①ブログで専門的な内容を扱って専門性をあげよう」

やりたいことが2つから1つになった。

このように今やっていること、全ての共通点を糾合させていき、自分の人生の目的(タスク)を考えていく。

やっていることが多種多様でも、それが同じ方向に向かっていると思えれば、無駄な時間はなく、充実した時間を満喫していけるのでしょうか。

ぜひ試してみて下さい。

-人格・成長・人生・時間

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

常に情報が入っている環境を作ること

今も昔も情報の価値は非常に高い 情報によって利益を出すことも出来れば、損失を回避できることもできる どうすれば質の高い情報を一早く入手することができるか これが問題である 西野さんは、まず「あいさつ」 …

1/10の考え方

自分のお金や時間の1/10を地域や社会のために使う 大学の担当教授が教えてくれた話で 実践してきたこと

古希を迎えて

古希(こき)とは数え70歳。原文表記は古稀。唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代の付けは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人 …

悩み相談 恋愛が続かない

「僕は付き合うことがゴールで、その後が続かないんですよね」 という相談を受けた。つまり付き合うと興味がなくなってしまうという。 【愛は、動詞である。】 「永遠の知恵」では、愛は動詞であると説明する。 …

【GIVE&TAKE】相手と自分を大切にするということ

YouTuberのサルタメさんが【GIVE&TAKE】という本を分かりやすく解説していますので、是非ご覧ください。 与える人は与える人でも、搾取される人と、成功する人がいるそうです。 この世界 …

 

  • 61現在の記事:
  • 123今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33191総訪問者数:
  • 108今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: