三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 食べ物・スイーツ

本物の牛乳

投稿日:2019年12月5日 更新日:

夜牛乳を一杯飲んだ。

子供の頃、家で飲んでいた本物の牛乳を思い出した。

我が家は普通のお米や野菜を作る農家だったが、副業で乳牛も飼ってた。

お陰で毎日絞り立ての本物の牛乳を飲んでいた。

我が家の牛乳は町の牛乳屋さんにも牛乳を供給していた。

町の牛乳屋さんは酪農家から集めた牛乳を加工して1合瓶に詰めて小売していた。

牛乳やさんの加工工場に我が家の牛乳を配達した時、その工程を見てしまった。

牛乳が入った牛乳加工用の大きなドラムの中に従業員が水を補充しているのだ。見てはいけない物を見てしまった様だ。

それで市販の牛乳は家で飲む牛乳に比べて、口当たりはいいが薄い理由がわかった。

簡単に言えば幼い私が目撃したように水で薄められているのだ。

大学が北海道酪農学園大学だったが、大学の売店で売っている牛乳も濃厚で他では味わえない本物の牛乳だった。

しかも安く当時一本10円、市販の牛乳は30円から50円ぐらいだったと思う。

昨今、お客様ファーストではなく、企業ファーストの会社が多い様に見える。

-じいちゃん(ジョナサン), 食べ物・スイーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ビジネス、アフターケアが大事

お客様から注文を頂いた時 明くる日に必ず感謝の電話をする そして注文内容や配達日の再確認 何ヶ月後に電話でなく、お客さの家に足を運ぶ 世間話を沢山して、少しだけビジネスの話 年賀状を書くことも大事

男達の台所

私達は三世代で同居しているので、食事の準備は妻と長男の嫁さんと交代で作ってくれている。 ところが、妻の妹が病を患い、看病と手伝いに実家に帰っている。 その為、嫁さんが全部食事担当になって負担が増えた。 …

気になるニュース

2019年7月19日付け世界日報の気になる記事から切り抜きです。 https://www.worldtimes.co.jp/

三世代家庭理想を目指して

『私は三代が一緒に暮らす家庭を勧めています。夫婦が結婚して貴い子供を生めば、親は子供に全ての物を譲りますが、譲れるものには限界があります。父母は現在を、子供は未来を象徴します。祖父母は過去の歴史を代表 …

妹の死、永遠の世界(霊界)への旅立ち

大分久住の花広場 今朝、妻の妹が病気で亡くなった。 1ヶ月前緊急入院し、皆んなの祈りやお医者さんの全力の治療も虚しく地上生活を終えた。 妻は全てを置いて実家に帰り、約1ヵ月妹の付き添いをした。 それが …

 

  • 44現在の記事:
  • 90今日の閲覧数:
  • 149昨日の閲覧数:
  • 25250総訪問者数:
  • 71今日の訪問者数:
  • 101昨日の訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: