三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

童謡詩人・金子みすゞ「梨の芯」~人間中心の常識?

投稿日:

なしのしん・・・金子みすゞ

なしのしんはすてるもの、だから

しんまで食べる子、けちんぼよ。

なしのしんはすてるもの、だけど

そこらへほうる子、ずるい子よ。

なしのしんはすてるもの、だから

ごみばこへ入れる子、おりこうよ。

そこらへすてたなしのしん、

ありがやんやら、ひいてゆく。

「ずるい子ちゃん、ありがとよ。」

ごみばこへいれたなしのしん、

ごみ取りじいさん、取りに来て、

だまってごろごろひいてゆく。

 金子みすゞさんの詩は、人間中心のわたしたちの常識をひっくり返すような威力があります。

 人間が考えれば良いことでも、そうばかりではないということを、気づかせてくれます。

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

こだまでしょうか 金子みすゞ童謡集

‘こだま’ と言えば、何を思い出しますか? 「ヤッホー」とか、「オ~イ」とかしか 思いつかない私ですが、、、 みすゞさんは、‘こだま’ は、あなたとわたしの中にあると謳っています。 そして、私と私の心 …

私の故郷・・・令和の時代

 18歳の年にふるさとを離れて50年と7ヶ月。その後、数えるほどにしか戻ることのなかったふるさとに、思わぬ妹の病気で里帰りしています。今までは里帰りすれば、いつも妹が車で駅まで迎えに来てくれて家に帰り …

「数え天狗」さん・・・同居の孫Ⅱ

 2歳になったばかりの同居の孫Ⅱ(男)は、まだお話が出来ない。言える言葉は未だに、「ママ」と「アンパンマン」だ。パパは、「パパ」と言っているとも確信しているが、、、  言葉は話せないがそれでも、周りの …

「さびしいとき」・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

私がさびしいときに、 よその人はしらないの。 私がさびしいときに、 お友だちは笑うの。 私がさびしいときに、 お母さんはやさしいの。 私がさびしいときに、 仏さまはさびしいの。 When I&#821 …

偶然?それとも導き?

 里帰り中です。  従姉に会いたかったけれど、連絡出来ずにいました。  すると、妹の病院に行く電車の駅のホームで、バッタリ出会ったのです!  それも、乗るはずでない電車待ちの時でした。朝出がけに、仏壇 …

 

  • 37現在の記事:
  • 89今日の閲覧数:
  • 149昨日の閲覧数:
  • 25249総訪問者数:
  • 70今日の訪問者数:
  • 101昨日の訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: