三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し

母の思い出 寡黙な母の教育

投稿日:2019年8月13日 更新日:

母は寡黙の人だった。正直のところ、母が私に何を諭したか覚えていない。

母は、大きな城で仕えるよりは小さな城の主になることを好むようなタイプの父と結婚し、父の自営業を支えながら、5人の子供を授かった。(5人とも女の子で私は2女)母は、戦後の団塊世代の最後を飾る子どもの母として、妻として、夫婦二人三脚の仕事の担い手として極めて多忙だった。

そんな母に、私が感謝しきれないことがある。

当時、私の小学校の制服は紺色の上着だった。下の服は各自それぞれのズボンでもスカートでもよかったのか、はっきり覚えていないのだが、ともかく私は毎日白い色のトレパンという体操着をはいて学校に通った。母は、そのトレパンを毎日毎日真っ白になるよう洗濯してくれ、しかもアイロンをかけてくれていた。下校する時には、ズボンはヨレヨレになり、汚しては帰るのだが、小学校を通してアイロンのかけてないズボンを朝はいた記憶がないほどに毎日必ず白いトレパンを用意してくれていた。さすがに高学年になって「もうアイロンかけてくれなくていいよ」と母に言ったことがあるが、母はただ笑って、次の日もアイロンをかけたズボンを用意してくれていた。

父と母は、「勉強しなさい」と私に言ったことはたぶん一度もなく、「学校だけは毎日行きなさい。」というのが、子どもたちへの口癖だった。

私は、小学校の6年間一日も休まず通学し、卒業式では6年間皆勤賞を貰った。

今も、アイロンのかかった真っ白なトレパンをはく時の嬉しい気持ち、登校する時のワクワクした気分が蘇ってくる。

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

早朝のオーシャンブルー

今朝の雨で花びらが切れてしまいました~ 明日開く花の蕾が、待機しています^_^ ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

「さびしいとき」・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

私がさびしいときに、 よその人はしらないの。 私がさびしいときに、 お友だちは笑うの。 私がさびしいときに、 お母さんはやさしいの。 私がさびしいときに、 仏さまはさびしいの。 When I&#821 …

いつも元気・・・ポーチュラカ

夏の花と言えば、昔は朝顔や向日葵を思い出しましたが、我が家のワンコイン園芸を盛り立ててくれるのは、このおカタかも、、、<ポーチュラカ> <いつも元気>という花言葉のごとく、猛暑の中でも、鮮やかな花を次 …

元気に咲いてます!垣根の朝顔

9月も中旬になりました。やっと朝夕が少し涼しくなりましたね。 夏の間中、我が家の朝顔が朝の香りを放って、一日の活力を与えてくれましたが、まだまだ元気です。 垣根の2メートルほどの間に朝顔を5本植えまし …

「芝居小屋」 童謡詩人・金子みすゞ

蓆(むしろ)でこさえた 芝居小屋、 芝居はきのう 終えました。 のぼりの立ってた あたりでは、 仔牛が草を たべている。 蓆でこさえた 芝居小屋、 夕日は海に しずみます。 蓆の小屋の 屋根のうえ、 …

 

  • 123現在の記事:
  • 125今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33193総訪問者数:
  • 110今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: