三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 教養

短く話す 訓練すれば誰でもできる

投稿日:2019年8月4日 更新日:

先日異業種の集いに招待されて参加した。この異業種の集いは毎週一回早朝7時から約2時間お互いの事業の情報交換して高め合う勉強会の様なものだ。私が参加した時は20代から50代のビジネスマン、ビジネスウーマン約50人が集っていた。プログラムの一つにプレゼンテーションの時間があって自分のビジネスを持ち時間45秒以内に宣伝する。そして私の様な招待されてきた初めてのゲストには与えられた時間はたったの20秒だった。スクリーンにタイマーが映し出され時間になったら鐘がなってやめなければならない。あっという間に20秒が過ぎた。

私は友人から異業種の人が集まるのでそこであなたのビジネスを宣伝したらいいと言われていたので、資料など50名分準備して臨んだ。みんなの前で私が特別なゲストで最低20分ぐらい時間をくれるだろうと思って行ったが、与えられた時間はたったの20秒、私は内心大変失望した。又特別なゲストでも何でもない、50人の中の一人だ。ビジネスには何も結びつかなかった。

家に帰ってこの20秒というのは一体なんなのか、一人考えた。一見無謀な様だがよく考えれば深い意味がある様に思えた。例えば家庭訪問してお客様に自分のビジネスを紹介するのは20秒以内だ。この20秒以内の最初のアプローチでお客様は私の話を続けて聞くかどうか判断される。この20秒間に無駄な言葉を全て省いて手短に分かりやすく要点を伝える。極端に言えばこの20秒間に私の今日の運命が全て掛かっていると行っても過言ではない。

他の会合に行っても五分以内に語って下さいと言われる事が良くある。5分間あれば結構な内容を話せるものだ。ただ今までは時間を気にせず話していたので、ダラダラと時間を費やし、同じことを繰り返し言っていただけだ。

私達は職場や学校、自治会、同窓会などで様々な機会に人前で話すことがある。いかに話す内容をまとめて与えられた時間以内で話すか、これは特殊な技術ではなく訓練すれば誰にでも出来ることだ。

今の時代は長々と話すと嫌われる、立派な人ほど短くまとめて話す。私の通っている教会の説教でも20分位だ。それ以上長く話すと人々は集中力に欠け、他の事を考える。日曜学校での子供へのお話は10分ぐらいが限界だ。

5分あれば相当な内容を話せる。初対面の人には20秒以内で伝える訓練をしよう。今日は短く話す重要性を述べてみました。

-じいちゃん(ジョナサン), 教養

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日韓のすれ違い、論理の日本🇯🇵感情の韓国🇰🇷

↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

美しい日本の風景、海と橋と島

今日仕事で山口県柳井市に行き、美しい風景に出会った。 手前が柳井市大畠、向こう側が周防大島、本州と周防大島を結ぶ大島大橋、瀬戸内海は静かで綺麗だった。 ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

褒める(ほめる)

玄関先の観賞魚 グーピー 人は玄関に他人に一番見せたいもの、褒めてもらいたい物を綺麗に飾っている。それが水槽の魚だったり、生け花だったり、孫の習字だったり、絵画だったり、魚拓(墨などを使って、釣った魚 …

古希を迎えて

古希(こき)とは数え70歳。原文表記は古稀。唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代の付けは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人 …

瀬戸内のハワイ、周防大島特産品大島みかん🍊

周防大島は瀬戸内海で3番目に大きな島だ、一周約30キロある。 海に囲まれて温暖な気候はみかんの栽培に適しており、島全体で栽培されている。 ここのみかんは皮が柔らかく果実も甘くて美味しい。 今日は月末で …

 

  • 74現在の記事:
  • 8今日の閲覧数:
  • 153昨日の閲覧数:
  • 25607総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 121昨日の訪問者数:
  • 106一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: