三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 宗教

私の初めてのクリスマスイブMy first Christmas Eve

投稿日:2019年12月22日 更新日:

サンタさんに抱かれる孫娘

初めてキリスト教会に連れて行ってもらったのは、かれこれ今から53年前の事である。西暦でいうと1966年(昭和41年)まだ高校一年生の時である。当時の下関家庭教会はまだ開拓時代で私を含めてたった三人しかいなかった。地元出身の女性の教会長さんと鹿児島出身の20代の女性伝道師のK.T.姉が献身して来られていた。まだ当時の開拓伝道所だから立派な教会ではなく、下関駅から歩いて約10分の商店街の中にある家の二階の二間のみ借りていた。一階には大家のお婆ちゃんが住んでいた。
鹿児島出身のお姉さんはまだキリスト教に全く触れた事のない私をクリスマスというものを体験させるため、クリスマスイブに、あるキリスト教会に連れて行ってくれた。集会に参加する条件は最後にクリスマスプレゼント交換があるので、誰かのために贈り物を持参という事であった。何を買って持って行ったか覚えていない。

{E4C8FFF3-FBAD-44AB-A0BB-DFF2918F7891:01}

オルガンの伴奏に合わせて聖しこの夜やジングルベルなど沢山の賛美歌を参加者と共に歌った。参加者は35人ぐらいだっただろうか。牧師さんはイエス様の誕生された時の事を分かりやすく語って下さった。
クライマックスは各自が持ち寄ったクリスマスプレゼント交換の時間だった。皆んな一つの大きな輪になって、クリスマスソングに合わせながら時計回りに誰かのために自分が心を込めて持ってきたプレゼントを回していくのだ。皆んな笑顔に満ち溢れていた。そして歌が終わった時に自分の手に持っているものが誰かさんから貴方へのプレゼントだ。そして皆んな座って一人一人、何を貰ったのか皆んなの前で紹介するのだ。その感想と、そのプレゼントをどの様に使うのか説明する様、司会者の方が言われた。

私へのサンタさんからのクリスマスプレゼントは、なんと女性用の髪をクルクルと巻くカールだった。会衆に私は将来結婚したらこのカールを私のお嫁さんになった人にあげますと言った。文鮮明、韓鶴子御夫妻の主礼で静岡の人と結婚したのはそれから9年後の25才の時だった。連れ添ってもう44年になる。
伝道師のお姉さんは、山口県下関から群馬県足利に人事になっても、私が信仰的に一人立ちするまで、ずーっと手紙をくれて私の霊的成長を見守って下さった。

私は結婚後、妻と共に海外宣教師となりシンガポール、香港、東アフリカのウガンダ、ロシアの宣教師となって赴任して、妻と苦楽を共にした。三人の子供は皆海外で生まれて、現地の学校で学んだ。三人の子供達も皆結婚して、現在孫が六人となった。神様に捧げた青春時代であった。

-じいちゃん(ジョナサン), 宗教

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本で最初にクリスマスを祝ったのはどこ

日本にキリスト教を最初に伝えたのがイエズス会のフランシスコ・ザビエルである。 フランシスコ・ザビエルの像 ザビエル一行6人は1549年8月15日鹿児島県の祇園之洲町に着いた。そしてザビエルは日本を離れ …

こじれた気管支炎

3日前より咳が出て、喉が痛み、頭痛が続くので、妻に説得されとうとう病院に行った。今日1月13日は日本では成人の日の祝日で殆どの病院は休診であるが、当番医があってその病院をインターネットで調べて行った。 …

妻の父の教え「鶏口牛後」

44年前結婚して、静岡の妻の実家を訪問した時の事。 妻の父は浜名湖の鰻の養殖場に連れて行ってくれた。 当時25才の私に家庭の経済基盤作りを教えたかった様だ。 妻の父の教えは鶏口牛後(鶏口と為るも、牛後 …

女の子おばけ❤️

女の子のおばけは怖いけど優しいよ。 足が4本、めめが1つだよ。 可愛いおばけが好き❤️ 孫娘4才6か月 ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

戦後の日本を救った人と国スリランカ

数年前、徳山動物園にスリランカから6000キロの旅をして二頭の象がやって来た。二頭の象はオスのミリンダ、メスのナマリーである。 これは周南市の市政10周年、及びスリランカと日本の国交樹立60周年を記念 …

 

  • 50現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 102昨日の閲覧数:
  • 24855総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 67昨日の訪問者数:
  • 96一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: