三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

じいちゃん(ジョナサン) 家族

私の父母 その① 母について

投稿日:2019年7月28日 更新日:

私の母は山口県長門市人丸の生まれ、大正の終わりに生まれた。6人兄弟姉妹の長女であり第一子として生まれた。それ故にちょっと姉御肌である。小さい頃から読書が好きで、時間さえあれば本の沢山ある親戚の家に行って本をいつも読む文学少女だった。現代で言えば芦田愛菜ちゃんのような本好きな子だった。

母は阿川八幡宮の宮司の仲人で下関市豊北町阿川に嫁いで父と結婚した。当時は自動車も殆ど無いので汽車で人丸から4っ目の駅の阿川まで来て、それから山を越えて嫁ぎ先に向かった。山の頂から眼下に見える家はもう夕暮れになって電光が灯っていた。文学少女の彼女は本で読んだ通りのおとぎの国へ来たようで、嬉しさのあまり胸のときめきを抑えることが出来なかった。乙女はこれから味わう苦労など夢にも想像できなかった。

嫁ぎ先は義理の父母と9人兄弟の義理の弟、妹の大家族であった。しかも士族の家だから封建的で色々と経験したことのない式たりがあった。義理の父母に仕え、まだ未婚の義理の弟妹の面倒を見、しかも広い田んぼがあった。嫁に来た母は主要な働き手であった。そんな中で慰めは義理の父がとても信頼してくれた事と、父の妹がカリエスの病気を患って、動けるけど結婚しなかったがこの父の妹が料理がとても上手で主に料理の方を担当して助けてくれた。

義理の妹、弟たちが就職で家を出たり結婚したりして徐々に出て行く代わりに、今度は4人の子供が生まれた。私がまだ小学校に上がらない幼い頃は9人家族の大家族だった。結婚式の引出物でも、誰かのお土産でも、スイカでも何でも9等分して分けて食べた。

私は4人兄弟で上に2人の兄と妹が1人いて、私は三男として生まれた。父が学校の先生をやっている時産まれたのが私だ。当時私が母のお腹にいる時、母は病気を患っていて、私は兄や妹と違って生まれた時から病弱だった。父母は私が小学3年生の時、病弱な私に思いっきり牛乳を飲ませたいと言う動機から一頭の乳牛を副業として飼う様になった。

母は人に物を与えることに人生の喜びを感じる人で、訪問客があった場合、家で生産したものを惜しみなく与えた。又、人の世話をする事がとても好きで身の上相談に親戚はもちろんのこと、身内以外も相談にやってきた。

私が16歳の時から教会に通い始めてからも、父母は教会の教えを学び理解して全面的に応援してくれた事に感謝している。

-じいちゃん(ジョナサン), 家族

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

十二支の由来-2020年は子年(ネ=ネズミ年)

もうすぐ師走、来年2020年は子年(ネズミ年)ですがその由来はどこから来ているのでしょうか。高校生の時の漢文の先生(僧侶)から聞いた干支(えと)、十二支のお話をお正月を迎えるにあたり紹介いたしましょう …

孫娘との朝の会話

同居している4才の孫娘との毎朝の会話が楽しい。今年の春から孫娘は下関の幼稚園に通い始めた。通い始めの頃は幼稚園よりお母さんがいいとぐずっていたが、最近は幼稚園が慣れて楽しくなったのか自ら着替えて喜んで …

野生蘭

5月の連休に生まれ故郷を訪ね一泊二日してきた。そこは数百年昔の姿がそのまま残っている。子供の頃、山、川、田んぼなど自然と戯れた思い出が一気に蘇る。 そこは山口県下関市豊北町阿川細井医王庵と言う所。隣の …

幸せな家庭とは何だろう

子女たちが「うちのお父さんは素晴らしい!うちのお母さんは素晴らしい! お父さんとお母さんが互いに愛し合うのを見ると、本当に素晴らしい」 と言って、誇ることの出来る家庭が、子女たちの安息の住まいです。 …

孫の日-海へ山へ公園へ

新しい年2020年を迎えるにあたって、8つの目標を掲げた。その第1が「楽しい3世代家庭生活」。その為に様々な実践、取り組みをしている。その一つに月一回「孫の日」を設定した。それが月の第3日曜日午後、つ …

 

  • 247現在の記事:
  • 124今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33192総訪問者数:
  • 109今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: