三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

積もった雪=A Pile of Snow・・・Poem:Misuzu Kaneko

投稿日:2019年12月11日 更新日:

上の雪

さむかろな。

つめたい月がさしていて。

下の雪

重かろな。

何百人ものせていて。

中の雪

さみしかろな。

空も地面(じべた)もみえないで。

A Pile of Snow

Poem:Misuzu Kaneko

Translation,Illustration:Midori Yoshida

The snow on the top

Must feel cold

Lit by the icy cold moonlight.

The snow at the bottom

Must feel burndeded

Bearing the weightof hundreds of people.

the snow in the middle

Must feel lonely.

It can see neither sky nor ground.

積もった雪の上の雪とか、下の雪とか、普通考えますか?

しかも、中の雪のこと迄考えるみすゞさんです。

そして、上の雪や下の雪は体で感じることを歌っていますが、

中の雪は見えない心で感じることを歌っているのです。

そもそも雪の断面なんて見えないものですよね。

これまた、「見えぬけれどもあるんだよ」という、みすゞさんの声が聞こえてきます、、、

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金子みすゞ 没後90年記念事業 2020/2/16

今年は童謡詩人金子みすゞの没後90年となります。記念事業として催された下関の市民活動グループのイベントに参加してみました。日頃は本でじっと詩を愉しむのが好きなのですが、ひとりよがりのみすゞファンかな、 …

桜🌸咲く・・・都会の孫 元気です!

3月23日月曜日、「東京は🌸が満開です。」という一報が入りました。 ひと昔前までは、桜前線は日本列島の南から北上してきましたが、本当に地球の温暖化は深刻ですね~そういえば、ここ本州の西 …

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「空の鯉」~みすゞコスモスへようこそ

空の鯉   詩・金子みすゞ お池の鯉よ、なぜ跳ねる。 あの青空を泳いでる、 大きな鯉になりたいか。 大きな鯉は、今日ばかり、 明日はおろして、しまわれる。 はかない事をのぞむより、 跳ねて、あがって、 …

童謡詩人・金子みすゞ「梨の芯」~人間中心の常識?

なしのしん・・・金子みすゞ なしのしんはすてるもの、だから しんまで食べる子、けちんぼよ。 なしのしんはすてるもの、だけど そこらへほうる子、ずるい子よ。 なしのしんはすてるもの、だから ごみばこへ入 …

来て!来て!おばあちゃん来て!!

来て!来て!! 朝一番に起きた孫娘が大きな声で呼んだ。「おばあちゃん 来て〜咲いてるよ〜いっぱい〜」 いよいよ朝顔の季節❣️ 台所に一番近い垣根の朝顔が咲きだして、今朝は孫 …

 

  • 59現在の記事:
  • 4今日の閲覧数:
  • 72昨日の閲覧数:
  • 34029総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 72一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: