三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

繭と墓(マユとハカ)・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

投稿日:2019年12月9日 更新日:

蚕(カイコ)は繭(マユ)に

はいります、

きゅうくつそうな

あの繭に。

けれど蚕は

うれしかろ、

蝶々になって

飛べるのよ。

人はお墓へ

はいります、

暗いさみしい

あの墓へ。

そしていい子は

翅が生え、

天使になって

飛べるのよ。

Cocoons and Graves

Poem:Misuzu Kaneko

Translation,Illustration:Midori Yoshida

Silkworms

Enter cocoons,

Tight looking

Cocoons they are.

But silkworms

Must be happy,

For they will become butterflies

And fly.

People

Enter graves,

Dark lonely

Graves they are.

And if they are good

They will grow wings,

And fly

As angels.

 繭というのは蚕(カイコ)の繭(マユ)ですが、蚕とか繭というものを知らない方も多くなって来ていることでしょう。蚕は生糸の生産に欠かせない昆虫で、その繭から絹糸を採取して、絹の布を織ります。イモムシのような幼虫で、自然界には存在しない、完全に人間が家畜化した昆虫です。最初は黒い幼虫ですが、脱皮すると白色になり、自然界では目立ってしまい、鳥などの外敵にすぐ捕食されてしまうと言われています。また、成虫も羽があってもすでに退化して飛べないとのことです。

 そんなお蚕の一生を知っているみすゞさんですが、みすゞさんが見る自然・宇宙の森羅万象へのまなざしはいつも明るくポジティブであるのに驚かされます。

 蚕の死も、人間の死も悲しみで終わることなく、喜びに転換できる力は、どのようにして備わったのでしょうか?天才詩人と言われる所以でしょうか。

 自然と人間を詠んだ「石ころ」の詩 をもう一つ紹介したいと思います。

石ころ

詩・金子みすゞ

きのうは子どもを

ころばせて

きょうはお馬を

つまずかす。

あしたはたれが

とおるやら。

いなかのみちの

石ころは

赤い夕日に

けろりかん。

 

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

こだまでしょうか 金子みすゞ童謡集

‘こだま’ と言えば、何を思い出しますか? 「ヤッホー」とか、「オ~イ」とかしか 思いつかない私ですが、、、 みすゞさんは、‘こだま’ は、あなたとわたしの中にあると謳っています。 そして、私と私の心 …

お祖母ちゃんと一緒にA~B~C♪

つい先日、以前の私の投稿「七十の手習い」を読んで下さった方がおられたようです。ありがとうございます。でも、投稿は2回だけになってしまい、「その後どうなったんだろう?挫折したのかな?」と、ご心配いただい …

no image

父の思い出 親の愛

私は1950年、父の本家の敷地内に建てた家で生まれた。父は、兄弟のうち男は4人で末っ子だった。戦後は東京に出て丁稚奉公をし、一生懸命働いてお金を貯めたのだろう。それで、田舎に帰り母と結婚する時には、本 …

「芝居小屋」 童謡詩人・金子みすゞ

蓆(むしろ)でこさえた 芝居小屋、 芝居はきのう 終えました。 のぼりの立ってた あたりでは、 仔牛が草を たべている。 蓆でこさえた 芝居小屋、 夕日は海に しずみます。 蓆の小屋の 屋根のうえ、 …

《ばあやのお話》     詩・金子みすゞ

ばあやはあれきり話さない、 あのおはなしは 好きだのに。 「もうきいたよ」といったとき、 ずいぶんさびしい顔してた。 ばあやの眼には、草山の、 野茨(のばら)のはなが映ってた。 あのおはなしがなつかし …

 

  • 39現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 25478総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 104昨日の訪問者数:
  • 99一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: