三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「芝居小屋」 童謡詩人・金子みすゞ

投稿日:2019年8月8日 更新日:

蓆(むしろ)でこさえた

芝居小屋、

芝居はきのう

終えました。

のぼりの立ってた

あたりでは、

仔牛が草を

たべている。

蓆でこさえた

芝居小屋、

夕日は海に

しずみます。

蓆の小屋の

屋根のうえ、

かもめが赤く

染まってる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひっそりした芝居小屋辺りの風景が絵のように浮かんできますね。

昨日までの賑わいとみすゞさんの胸の高鳴りも感じられますね^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「草原の夜」 郷土の童謡詩人・金子みすゞ~自然の営みとは~

草原の夜  金子みすゞ ひるまは牛がそこにいて、 青草たべていたところ。 夜ふけて、 月のひかりがあるいてる。 月のひかりのさわるとき、 草はすっすとまた伸びる。 あしたも御馳走してやろと。 ひるま子 …

「障子」 金子みすゞ

お部屋の障子は、ビルディング。 しろいきれいな石づくり、 空まで届く十二階、 お部屋のかずは、四十八。 一つの部屋に蠅がいて、 あとのお部屋はみんな空(から)。 四十七間の部屋部屋へ、 誰がはいってく …

「さびしいとき」・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

私がさびしいときに、 よその人はしらないの。 私がさびしいときに、 お友だちは笑うの。 私がさびしいときに、 お母さんはやさしいの。 私がさびしいときに、 仏さまはさびしいの。 When I&#821 …

七十の手習い

人生50年と言われた時代から、平均寿命が延び、今や人生100年の時代だ。 老人介護施設で働く私は、おじい様おばあ様から時には「そこのおねえさん!」と呼ばれて、「この職場は悪くないね。こんな私でもおねえ …

童謡詩人・金子みすゞ 「海のこども」~こどもって素敵だな!

海のこども  金子みすゞ 海のこどもみィつけた、 大きな岩の上に。 になの子どもみィつけた、 海のこどものなかに。 海のこどもかわいいな。 になのこどもかわいいな。 *金子みすゞ童謡集「なしのしん」よ …

 

  • 22現在の記事:
  • 175今日の閲覧数:
  • 99昨日の閲覧数:
  • 24769総訪問者数:
  • 140今日の訪問者数:
  • 76昨日の訪問者数:
  • 88一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: