三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「芝居小屋」 童謡詩人・金子みすゞ

投稿日:2019年8月8日 更新日:

蓆(むしろ)でこさえた

芝居小屋、

芝居はきのう

終えました。

のぼりの立ってた

あたりでは、

仔牛が草を

たべている。

蓆でこさえた

芝居小屋、

夕日は海に

しずみます。

蓆の小屋の

屋根のうえ、

かもめが赤く

染まってる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひっそりした芝居小屋辺りの風景が絵のように浮かんできますね。

昨日までの賑わいとみすゞさんの胸の高鳴りも感じられますね^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

保育園の思い出 末娘の話

 主人と私と子どもたち・・・家族5人で日本に帰国したのは、長女が小学5年生、長男が3年生、末娘が保育園に行く年だった。長女と長男は帰国子女学級がある小学校に一緒に通うことができたが、末娘は近くの保育園 …

no image

母の思い出 寡黙な母の教育

母は寡黙の人だった。正直のところ、母が私に何を諭したか覚えていない。 母は、大きな城で仕えるよりは小さな城の主になることを好むようなタイプの父と結婚し、父の自営業を支えながら、5人の子供を授かった。( …

桜🌸咲く・・・都会の孫 元気です!

3月23日月曜日、「東京は🌸が満開です。」という一報が入りました。 ひと昔前までは、桜前線は日本列島の南から北上してきましたが、本当に地球の温暖化は深刻ですね~そういえば、ここ本州の西 …

no image

姉と私~やっぱり、姉ちゃん~

姉と私は2つ違い。父と母は、自営業で毎日朝から晩まで働いていた。’娘3人いれば身上が潰れる′といわれた時代だ。父と母には5人の娘がいた。   ある日、小学校5年生の姉と3年生の私はついにし …

One Family Under God ~1983年7月 苦かったグァバの実

 ケニヤの友人の教会には小さな庭があり、南国の草木が生えていた。ともに生活していた10歳くらいの少年がいて、娘と同い年の友人の娘さんといつも遊んでいるようだった。私の娘もすぐに打ち解けて、皆で庭に出て …

 

  • 28現在の記事:
  • 123今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33191総訪問者数:
  • 108今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: