三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

「草原の夜」 郷土の童謡詩人・金子みすゞ~自然の営みとは~

投稿日:2020年1月9日 更新日:

草原の夜  金子みすゞ

ひるまは牛がそこにいて、

青草たべていたところ。

夜ふけて、

月のひかりがあるいてる。

月のひかりのさわるとき、

草はすっすとまた伸びる。

あしたも御馳走してやろと。

ひるま子供がそこにいて、

お花をつんでいたところ。

夜ふけて、

天使がひとりあるいてる。

天使の足のふむところ、

かわりの花がまたひらく、

あしたも子供にみせようと。

* 『金子みすゞ 花の詩集 1』より  絵・よしだみどり

P.S.「草原の夜」の詩を読むと、暖かな自然の営みを感じませんか?私たちの周りの自然がこんなふうに優しく営まれているなんて、素敵ですね!

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

春に咲く・・・藤の花

幼稚園の新年度になりました。4月8日は、年中組になった孫娘の初登園の日で、新しいクラス。何と「ふじ組」になったとの事です。昨年は「きく組」で、年度末から「きく組」の黄色を話題にすることが多くなり、「今 …

「エイゴ~エイゴ~~!」

4歳の同居の孫Ⅰと “ABCmouse” を始めてみました。最初は二人だけでパソコンで見ましたが、2歳の孫を放っておくには忍びなく、畳の部屋で一緒に見ることにしました。一緒にパソコンを見れるのが嬉しい …

繭と墓(マユとハカ)・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

蚕(カイコ)は繭(マユ)に はいります、 きゅうくつそうな あの繭に。 けれど蚕は うれしかろ、 蝶々になって 飛べるのよ。 人はお墓へ はいります、 暗いさみしい あの墓へ。 そしていい子は 翅が生 …

《ばあやのお話》     詩・金子みすゞ

ばあやはあれきり話さない、 あのおはなしは 好きだのに。 「もうきいたよ」といったとき、 ずいぶんさびしい顔してた。 ばあやの眼には、草山の、 野茨(のばら)のはなが映ってた。 あのおはなしがなつかし …

健気に咲くハブランサス

猛暑の中にハブランサスがまた咲いて、、、、萎れていった、、、 鉢植えのハブランサスは、 今年は初めに5本花茎が出たあとは、 ひと雨ごとに1本ずつ咲いて5回目の花 だろうか、、、、、 もうこの夏最後の花 …

 

  • 56現在の記事:
  • 51今日の閲覧数:
  • 105昨日の閲覧数:
  • 37725総訪問者数:
  • 44今日の訪問者数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 51一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: