三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

蜂と神さま God and a Bee Poem; Misuzu Kaneko

投稿日:

蜂はお花のなかに、

お花はお庭のなかに、

お庭は土塀のなかに、

土塀は町のなかに、

町は日本のなかに、

日本は世界のなかに、

世界は神さまのなかに。

そうして、そうして、神さまは、

小ちゃな蜂のなかに。

God and a Bee

Poem; Misuzu Kaneko

Translation,Illustrations; Midori Yoshid

A bee is inside a flower,

A flower is inside a garden,

A garden is inside a clay fence,

A clay fence is inside a town,

A town is inside Japan,

Japan is inside the world,

The world is inside of God.

And so, and so, God

Is inside a little bee.

金子みすゞが生まれたのは、今から100年以上前の明治36年です。大正時代末期から昭和時代初期にかけて、彼女は童謡雑誌に詩を投稿しました。そして優れた作品が数多く発表されましたが、26歳の若さで世を去り、いつしか「幻の童謡詩人」と語りつがれるばかりとなりました。ところが、童謡詩人・矢崎節夫の長年の努力によって、みすゞの遺稿集(手書きの3冊の詩集)が見つかり、没後50余年を経て、みすゞが残した詩512編の童謡集が出版されたのです。

みすゞさんは ‘み仏さま’ の詩をたくさん作っています。檀家制度の根強い社会で、みすゞさんの ‘み仏さま’ に対する信仰が育てられました。

けれども、この「蜂と神さま」の詩を読むと、仏教の信仰や社会制度に束縛されない自由で、物事の本質を見極めようとする純粋な幼な子のようなみすゞさんであることがわかります。大正の時代に生きた自立した女性である ‘先人’ であることに、私は脱帽せざるをえないのですが、あなたはどう思われますか^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


  1. T より:

    神様はお一人お一人の中におられるのですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

来て!来て!おばあちゃん来て!!

来て!来て!! 朝一番に起きた孫娘が大きな声で呼んだ。「おばあちゃん 来て〜咲いてるよ〜いっぱい〜」 いよいよ朝顔の季節❣️ 台所に一番近い垣根の朝顔が咲きだして、今朝は孫 …

ワンコイン園芸

〜活躍しています❣️ 悪天候のため、スーパーマーケットが臨時休業になりました。 そんな時、我が家のワンコイン園芸が大活躍です。 今夜のおかずは「ゴーヤの天ぷら」 ですよ^_ …

一重咲きの、、、松葉ボタン

立てば芍薬(シャクヤク) 座れば牡丹(ボタン) 歩く姿は百合(ユリ)の花 と、昔から言われますね〜 美しい女性の姿を形容した言葉です。 美しい花の代表に選ばれた牡丹の名をいただいた松葉ボタン、、、 先 …

元気に咲いてます!垣根の朝顔

9月も中旬になりました。やっと朝夕が少し涼しくなりましたね。 夏の間中、我が家の朝顔が朝の香りを放って、一日の活力を与えてくれましたが、まだまだ元気です。 垣根の2メートルほどの間に朝顔を5本植えまし …

私の故郷・・・令和の時代

 18歳の年にふるさとを離れて50年と7ヶ月。その後、数えるほどにしか戻ることのなかったふるさとに、思わね妹の病気で里帰りしています。今までは里帰りすれば、いつも妹が車で駅まで迎えに来てくれて家に帰り …

 

  • 79現在の記事:
  • 13385総訪問者数:
  • 119今日の訪問者数:
  • 228昨日の訪問者数:
  • 220一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: