三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

パパ・ママ 人格・成長・人生・時間 人間関係 仕事

話上手になる方法=話す機会を増やすには

投稿日:

「好きこそ物の上手なれ」

好きではあれば何度も経験を重ねるため、自然とそのことが上手になります。

話すことも同じで場数をこなすことが大切です。

では、どのように話す場数を増やせばよいでしょうか。

結論として、話したいと思われる人になることが大切です。

話したいと思われる人になるには?

【1】自分が話をしていい時間を見極める。

人には相手に与えられた時間があります。

超有名な講演家だったら90分話し続けても、相手は聞くことでしょう。

しかし普通の人はそうはいきません。

長くても一区切りで1分くらいでしょうか。

しかし相手の反応に気付きながらも、自分の話を止められずに永遠としゃべりつづける方がいらっしゃいます。

これはやはり相手への配慮が足りないと言ってもいいでしょう。

相手への配慮をせずにひたすら話す人とは、相手は話したくありません。

ゆえに敬遠され、話す機会が自然と少なくなりおしゃべりがもっと下手になります。

そのような方に限って、また新しい人を見つけては永遠に話すという、面白い状況をまた再現してしまうのです。

最長1分で一先ず区切って間を取り、相手が話し出す時間をつくりましょう!

【2】聞き上手になりましょう。

聞き上手な人には、相手は喜んで話をします。

そのため聞き上手な人は、自然と話す機会が増え、話も上手になります。

傾聴の技術は様々ありますが、まず相手に関心をもち、そのような態度を表しましょう。

相手に関心を持てば、体が自然と前のめりになり、いつの間に質問したり、メモを取ったりしているものです。

リアクションもいいですね。

うなずいたり、笑ったり、一緒に会話を楽しむと自分も相手も楽しいですね^^

まとめ

話し上手になるためには、話す機会をたくさんつくることが大切である。

話す機会をたくさんつくるためには話したいと思われる人になる必要がある。

そのために、

1】自分が話をしていい時間を見極めましょう。

【2】聞き上手になりましょう。

今日の記事はどうでしたか?是非コメント欄で皆さんの感想、ご意見をお聞かせください^^

-パパ・ママ, 人格・成長・人生・時間, 人間関係, 仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夫婦でのひと時

仕事終わりに夫婦で落ち合わせて用事を済ませ、近くのカフェへ。 私たちは、月に一度、夫婦の日をつくって一緒に過ごすことにしている。 でも最近は、なかなか時間が取れなくて。 だから今日は幸せでした。 時間 …

クリスマス飾り、杖の意味

私たちは家庭連合で聖書を学んでいるので、クリスマスを祝うのは当たり前のことですが、日本でこれだけ多くの人がクリスマスを祝っていることはすごいことだと思います。 韓国のある教会に行った時に、「あなたは、 …

妻の誕生日

昨日は妻の誕生日 いつも一緒に過ごす妻と出会って本当によかったと思う おじいちゃんがケーキを買ってきてくれて、子供たちと部屋を飾りつけしてお祝いしました

教えるのが上手な人の4つの共通点 : マコなり社長から学ぶ

ここ何年で教育的ユーチューブがどんどん増えて素晴らしいです。 「教える」ことは学校の先生のものだけではない。 家庭や職場、地域、趣味活動まで「教える」機会は数えきれない。 マコなり社長が「教える」のが …

最高の睡眠、寝られない人へ

おはようございます。昨夜は、良く寝られましたか? ・なかなか寝付けない ・寝ているんだけど、夢の中にいる意識があって、結果あまり寝れていない ・逆に短時間でも、ぐっと寝た感覚になる時がある など… 皆 …

 

  • 20現在の記事:
  • 24今日の閲覧数:
  • 134昨日の閲覧数:
  • 33611総訪問者数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 67昨日の訪問者数:
  • 109一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: