三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

パパ・ママ 人格・成長・人生・時間 人間関係 仕事

話上手になる方法=話す機会を増やすには

投稿日:

「好きこそ物の上手なれ」

好きではあれば何度も経験を重ねるため、自然とそのことが上手になります。

話すことも同じで場数をこなすことが大切です。

では、どのように話す場数を増やせばよいでしょうか。

結論として、話したいと思われる人になることが大切です。

話したいと思われる人になるには?

【1】自分が話をしていい時間を見極める。

人には相手に与えられた時間があります。

超有名な講演家だったら90分話し続けても、相手は聞くことでしょう。

しかし普通の人はそうはいきません。

長くても一区切りで1分くらいでしょうか。

しかし相手の反応に気付きながらも、自分の話を止められずに永遠としゃべりつづける方がいらっしゃいます。

これはやはり相手への配慮が足りないと言ってもいいでしょう。

相手への配慮をせずにひたすら話す人とは、相手は話したくありません。

ゆえに敬遠され、話す機会が自然と少なくなりおしゃべりがもっと下手になります。

そのような方に限って、また新しい人を見つけては永遠に話すという、面白い状況をまた再現してしまうのです。

最長1分で一先ず区切って間を取り、相手が話し出す時間をつくりましょう!

【2】聞き上手になりましょう。

聞き上手な人には、相手は喜んで話をします。

そのため聞き上手な人は、自然と話す機会が増え、話も上手になります。

傾聴の技術は様々ありますが、まず相手に関心をもち、そのような態度を表しましょう。

相手に関心を持てば、体が自然と前のめりになり、いつの間に質問したり、メモを取ったりしているものです。

リアクションもいいですね。

うなずいたり、笑ったり、一緒に会話を楽しむと自分も相手も楽しいですね^^

まとめ

話し上手になるためには、話す機会をたくさんつくることが大切である。

話す機会をたくさんつくるためには話したいと思われる人になる必要がある。

そのために、

1】自分が話をしていい時間を見極めましょう。

【2】聞き上手になりましょう。

今日の記事はどうでしたか?是非コメント欄で皆さんの感想、ご意見をお聞かせください^^

-パパ・ママ, 人格・成長・人生・時間, 人間関係, 仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最短距離で成果を出す方法 仕事に役立つ考え方

なぜ最短距離で成果を出す必要があるのか 大学生の時、長期休業中に半年分の生活費を稼がないといけなかった私は、限られた時間で最大限の成果を出さなければならなかった。 失敗はゆるされない。 そこで人生の先 …

幸せな家庭とは何だろう

子女たちが「うちのお父さんは素晴らしい!うちのお母さんは素晴らしい! お父さんとお母さんが互いに愛し合うのを見ると、本当に素晴らしい」 と言って、誇ることの出来る家庭が、子女たちの安息の住まいです。 …

人生の三段階、死後の世界

第1段階:胎中生活 10月10日で地上世界で生きる肉体の準備します 第2段階:地上生活 約100年で霊的世界で生きる愛の心を準備します 第3段階:死後の世界、永遠の世界 心が豊かであれば幸せな世界、恨 …

ワゴン車に乗ってみての感想

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html 今日、日産のセレナに乗せてもらった 運転ではなく後部座席に乗る 子どもがまた生まれたらワゴン車を考 …

息子に伝えたいこと「大河が流れている」

天の大河が流れている ゆっくりだが、確実に流れる大河 その流れは誰も逆らうことができない 人生にもそういうものがある 天の川のように流れる天の大河だ 私たちがどんなにももがいていも、世界はそちらに流れ …

 

  • 12現在の記事:
  • 81今日の閲覧数:
  • 149昨日の閲覧数:
  • 25241総訪問者数:
  • 62今日の訪問者数:
  • 101昨日の訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: