三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

郷土の童謡詩人 金子みすゞ「林檎畑」~大きな宇宙の広がりと繋がり~

投稿日:

七つの星のそのしたの、

誰も知らない雪国に、

林檎ばたけがありました。

垣もむすばず、人もいず、

なかの古樹の大枝に、

鐘がかかっているばかり。

ひとつ林檎をもいだ子は、

ひとつお鐘をならします。

ひとつお鐘がひびくとき、

ひとつお花がひらきます。

七つの星のしたを行く、

馬橇(ばそり)の上の旅びとは、

とおいお鐘をききました。

とおいその音をきくときに、

凍ったこころはとけました、

みんな泪に(なみだ)になりました。

*『金子みすゞ 花の詩集3』より   絵・よしだみどり

七つの星の下の出来事・・・

真っ白な雪景色に、赤い林檎(リンゴ)。

ひとつの林檎に、ひとつの鐘、ひとつのお花。

雪、凍ったこころ、とける、泪。

みすゞさんはお話上手だったとのことですが、短い詩の中に

大きな宇宙の広がりと繋がりを、

目の世界、耳の世界、こころの世界で表現しているのですね^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ベランダ栽培はいかがですか?・・・夏の定番*青シソ(大葉)

我が家にとって、家庭菜園の定番はパセリですが、 夏の定番と言えば何と言っても青シソ(大葉)です。 真夏のソウメンには欠かせない青シソの苗を求めてお店に行っても見当たらないので、お客さんのおばあさんに「 …

わたしの かみの      <童謡詩人・金子みすゞ>

みすゞさんが、大好きなお母さんに書いた手紙のような詩です。 こんないじらしいみすゞさんには、大人も子どもも顔負けですね~^^ <わたしの かみの> わたしの かみの ひかるのは、 いつも かあさま、な …

一重咲きの、、、松葉ボタン

立てば芍薬(シャクヤク) 座れば牡丹(ボタン) 歩く姿は百合(ユリ)の花 と、昔から言われますね〜 美しい女性の姿を形容した言葉です。 美しい花の代表に選ばれた牡丹の名をいただいた松葉ボタン、、、 先 …

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「けがした ゆび」

けがした ゆび    詩・金子みすゞ しろい ほうたい していたら、 みても いとうて、 なきました。 あねさまの おび かりて、 あかい かのこで むすんだら ゆびは かわいい おにんぎょう。 つめ …

早朝のオーシャンブルー

今朝の雨で花びらが切れてしまいました~ 明日開く花の蕾が、待機しています^_^ ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

 

  • 49現在の記事:
  • 11今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 37529総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 45昨日の訪問者数:
  • 58一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: