三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「うらない」

投稿日:2020年1月5日 更新日:

うらない    童謡詩人・金子みすゞ

ゆうやけ、

こやけ、

あかい ぞんぞ

とばそ。

あかい ぞんぞ

うらだ、

もいちど

とばそ。

おもて

でるまで、

なんべんでも

とばそ。

ゆうやけ、

こやけ、

くもまで

とばそ。

*金子みすゞ童謡絵本「おひさん、あめさん」より  森川百合香・絵

「あした 天気になあれ~」と、幼い頃には誰もがスリッパや靴を放り上げて‘天気占い’をしたことがあるでしょう?

みすゞさんの時代には草履で‘天気占い’、幼いこどもたちは「ぞんぞ」と言っていたのですね。

表が出れば、晴れ。裏が出れば、雨。

占いは、占いなのに、なんべんでもやり直して自分の願いをかなえようとする、、、今も昔も変わらないのですね^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

姉と私~やっぱり、姉ちゃん~

姉と私は2つ違い。父と母は、自営業で毎日朝から晩まで働いていた。’娘3人いれば身上が潰れる′といわれた時代だ。父と母には5人の娘がいた。   ある日、小学校5年生の姉と3年生の私はついにし …

One Family Under God ~1983年7月 苦かったグァバの実

 ケニヤの友人の教会には小さな庭があり、南国の草木が生えていた。ともに生活していた10歳くらいの少年がいて、娘と同い年の友人の娘さんといつも遊んでいるようだった。私の娘もすぐに打ち解けて、皆で庭に出て …

童謡詩人・金子みすゞ「仙人」

花をたべてた仙人は、 天へのぼってゆきました。    そこでおはなしすみました。 わたしは花をたべました、 緋桃(ヒモモ)の花は苦かった。    そこでげんげをたべました。 お花ばかりをたべてたら、 …

One Family Under God~1983年7月14日 ケニヤ・ナイロビ到着

 古いパスポートを見ると、日本出国は1983年7月13日、ケニヤ入国は7月14日になっている。主人と私とちょうど10ヶ月になった娘と共に、ケニヤ・ナイロビのジョモ・ケニヤッタ空港に降り立った。成田空港 …

『入園までにあそぶ力がつく1・2・3才のおりがみ』 同居の孫Ⅰ

 同居の孫Ⅰは現在4歳4ヶ月だ。この孫に買ってあげた本の第一のヒット本は、この『入園までにあそぶ力がつく1・2・3才のおりがみ』ではなかろうか。  同居の孫が生まれて、おばあちゃんは張り切って折り紙の …

 

  • 61現在の記事:
  • 43今日の閲覧数:
  • 201昨日の閲覧数:
  • 28872総訪問者数:
  • 32今日の訪問者数:
  • 156昨日の訪問者数:
  • 166一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: