三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「うらない」

投稿日:2020年1月5日 更新日:

うらない    童謡詩人・金子みすゞ

ゆうやけ、

こやけ、

あかい ぞんぞ

とばそ。

あかい ぞんぞ

うらだ、

もいちど

とばそ。

おもて

でるまで、

なんべんでも

とばそ。

ゆうやけ、

こやけ、

くもまで

とばそ。

*金子みすゞ童謡絵本「おひさん、あめさん」より  森川百合香・絵

「あした 天気になあれ~」と、幼い頃には誰もがスリッパや靴を放り上げて‘天気占い’をしたことがあるでしょう?

みすゞさんの時代には草履で‘天気占い’、幼いこどもたちは「ぞんぞ」と言っていたのですね。

表が出れば、晴れ。裏が出れば、雨。

占いは、占いなのに、なんべんでもやり直して自分の願いをかなえようとする、、、今も昔も変わらないのですね^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

童謡のすすめ~お薦め童謡DVD♪

童謡とは、広義には子供向けの歌を指す。狭義には日本において大正時代後期以降、子供に歌われることを目的につくられた創作歌曲を指す。厳密には創作童謡と呼ばれる。この意味で用いる場合は、学校教育用に創作され …

こだまでしょうか 金子みすゞ童謡集

‘こだま’ と言えば、何を思い出しますか? 「ヤッホー」とか、「オ~イ」とかしか 思いつかない私ですが、、、 みすゞさんは、‘こだま’ は、あなたとわたしの中にあると謳っています。 そして、私と私の心 …

金子みすゞ童謡絵本より   「こころ」

おかあさまは おとなで おおきいけれど、 おかあさまの おこころは ちいさい。 だって、おかあさまはいいました、 ちいさい わたしで いっぱいだって。 わたしは こどもで ちいさいけれど、 ちいさい …

止まった時計・・・柱時計/ねじ時計

 実家に来ています。亡くなった両親が使っていた部屋で寝泊まりしていて、昨日まで動いていた柱時計が止まったのを見て、ギョッとしました。  でも、よく見ると、ネジがふたつ。「ああ~ネジの時計だったんだね! …

IHクッキングヒーターに適切な鍋・・・故郷の店員さん

 先日の里帰りの折、甥が使っていたIHクッキングヒーターで湯を沸かしていて、空焚きしてしまった。運よく台所に戻り、慌ててスイッチを切ったが、その後気のせいか焦げ付いたような臭いを感じた。再びスイッチを …

 

  • 50現在の記事:
  • 82今日の閲覧数:
  • 149昨日の閲覧数:
  • 25242総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 101昨日の訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: