三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「けがした ゆび」

投稿日:

けがした ゆび    詩・金子みすゞ

しろい ほうたい

していたら、

みても いとうて、

なきました。

あねさまの おび かりて、

あかい かのこで むすんだら

ゆびは かわいい

おにんぎょう。

つめに おかおを

かいてたら、

いつか、いたいの

わすれてた。

*金子みすゞ童謡絵本 おひさんあめさん   絵・森川百合香

「痛いの 痛いの 飛んで行け~」と、転んで足を怪我した時や、擦り傷切り傷に向かって呟いたり叫んだりした思い出が蘇ります。

怪我して痛みをこらえる幼いみすゞさんが目に浮かびますが、みすゞさんはその先を行ってますね。

マイナスをこらえてゼロにするどころか、みすゞさんは、プラスの思考と行動でマイナスを忘れる人ですね^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金子みすゞ童謡絵本「ほしとたんぽぽ」

金子みすゞさんの手書きの遺稿を見つけ出し、世に送り出した童謡詩人・矢崎節夫さんがみすゞさんの詩15編を選んで、上野紀子さんの絵とともに作った絵本です。 上野紀子さんの独特な絵のタッチがみすゞさんの詩の …

甥が見た虹 聖書-虹の契約

 母の入院で、看病のために病院に向かう電車の車窓から虹が見えたという甥。思わず写真におさめたのだろう。こんな写真を見せてくれた。  一つの虹の上にもう一つ、大きな虹がかかっている二重の虹だ。  聖書に …

「ふしぎ」 金子みすゞ童謡絵本より

わたしは ふしぎで たまらない、 くろい くもから ふる あめが、 ぎんに ひかっている ことが。  わたしは ふしぎで たまらない、 あおい くわの は たべている、 かいこが しろく なる ことが …

早朝のオーシャンブルー

今朝の雨で花びらが切れてしまいました~ 明日開く花の蕾が、待機しています^_^ ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

電車の中・・・エンタメ情報

私の生まれ故郷からの帰路・・・電車の中はエンタメ情報満載です~ 見つけました~ 映画『天使にラブ・ソングを』の劇場版ですね~

 

  • 34現在の記事:
  • 81今日の閲覧数:
  • 149昨日の閲覧数:
  • 25241総訪問者数:
  • 62今日の訪問者数:
  • 101昨日の訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: