三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「空の色」

投稿日:

海は、海は、なぜ青い。

それはお空が映るから。

空のくもっているときは

海もくもってみえるもの。

夕焼、夕焼、なぜあかい。

それは夕日があかいから。

だけどお昼のお日さまは、

青かないのに、なぜ青い。

空は、空は、なぜ青い。

*金子みすゞ詩集『みすゞさんぽ』より イラスト:人形・三瓶季恵

人形作家・三瓶季恵さんが “みすゞさんぽ” で出会った「空の色」の詩。「空の色」は、なぜなぜと問う純粋な童心と、冷静で鋭い大人の観察眼を持ったみすゞさんならではの作品ですね^^

この詩を読むと、みすゞさんの代表作のひとつ「不思議」を思い出します。

不思議   詩・金子みすゞ

私は不思議でたまらない、

黒い雲からふる雨が、

銀にひかっていることが。

私は不思議でたまらない、

青い桑の葉食べている、

蚕が白くなることが。

私は不思議でたまらない、

たれもいじらぬ夕顔が、

ひとりでぱらりと開くのが。

私は不思議でたまらない、

誰にきいても笑ってて、

あたりまえだ、ということが。

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金子みすゞ 没後90年記念事業 2020/2/16

今年は童謡詩人金子みすゞの没後90年となります。記念事業として催された下関の市民活動グループのイベントに参加してみました。日頃は本でじっと詩を愉しむのが好きなのですが、ひとりよがりのみすゞファンかな、 …

電車の中・・・エンタメ情報

私の生まれ故郷からの帰路・・・電車の中はエンタメ情報満載です~ 見つけました~ 映画『天使にラブ・ソングを』の劇場版ですね~

童謡詩人・金子みすゞ「梨の芯」~人間中心の常識?

なしのしん・・・金子みすゞ なしのしんはすてるもの、だから しんまで食べる子、けちんぼよ。 なしのしんはすてるもの、だけど そこらへほうる子、ずるい子よ。 なしのしんはすてるもの、だから ごみばこへ入 …

房咲きのオーシャンブルー

おはようございます^_^ こちら、今朝は雨です、、、 オーシャンブルーの特徴は房咲きです。 明日はこの房に3個の花が咲くでしょう♡ ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

映画Sister Act  『天使にラブ・ソングを』の思い出

 1993年にアフリカから帰国した家族にとって、特別な映画は『天使にラブ・ソング』だった。1992年に製作されたというアメリカ映画がテレビで放映され、ビデオに収めて何度も何度も観た。  すでに、日本の …

 

  • 52現在の記事:
  • 43今日の閲覧数:
  • 201昨日の閲覧数:
  • 28872総訪問者数:
  • 32今日の訪問者数:
  • 156昨日の訪問者数:
  • 166一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: