三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

金子みすゞ童謡絵本より   「こころ」

投稿日:2019年8月11日 更新日:

おかあさまは

おとなで おおきいけれど、

おかあさまの

おこころは ちいさい。

だって、おかあさまはいいました、

ちいさい わたしで いっぱいだって。

わたしは こどもで

ちいさいけれど、

ちいさい わたしの

こころは おおきい。

だって、おおきい おかあさまで、

まだ いっぱいに ならないで、

いろんな ことを おもうから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みすゞさんの意表を突く 言葉に

驚かせられませんか?

「お母様のお心は小さい」

と、まるで親をなじる言葉かと

思いきや、、、よく心を開いて次の言葉を聞いてみれば、、、、、なるほどなのです!

親の愛をこんなにも、真実に現実的に

見ることができたみすゞさんです^_^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花が咲いた ハブランサス♡

咲きました~

「草原の夜」 郷土の童謡詩人・金子みすゞ~自然の営みとは~

草原の夜  金子みすゞ ひるまは牛がそこにいて、 青草たべていたところ。 夜ふけて、 月のひかりがあるいてる。 月のひかりのさわるとき、 草はすっすとまた伸びる。 あしたも御馳走してやろと。 ひるま子 …

保育園の思い出 末娘の話

 主人と私と子どもたち・・・家族5人で日本に帰国したのは、長女が小学5年生、長男が3年生、末娘が保育園に行く年だった。長女と長男は帰国子女学級がある小学校に一緒に通うことができたが、末娘は近くの保育園 …

いつも元気・・・ポーチュラカ

夏の花と言えば、昔は朝顔や向日葵を思い出しましたが、我が家のワンコイン園芸を盛り立ててくれるのは、このおカタかも、、、<ポーチュラカ> <いつも元気>という花言葉のごとく、猛暑の中でも、鮮やかな花を次 …

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「けがした ゆび」

けがした ゆび    詩・金子みすゞ しろい ほうたい していたら、 みても いとうて、 なきました。 あねさまの おび かりて、 あかい かのこで むすんだら ゆびは かわいい おにんぎょう。 つめ …

 

  • 33現在の記事:
  • 7今日の閲覧数:
  • 108昨日の閲覧数:
  • 24559総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 71昨日の訪問者数:
  • 90一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: