三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

金子みすゞ童謡絵本「ほしとたんぽぽ」

投稿日:2019年8月9日 更新日:

金子みすゞさんの手書きの遺稿を見つけ出し、世に送り出した童謡詩人・矢崎節夫さんがみすゞさんの詩15編を選んで、上野紀子さんの絵とともに作った絵本です。

上野紀子さんの独特な絵のタッチがみすゞさんの詩の奥深さを子どもたちに印象付けることでしょう。

「ほしと たんぽぽ」

あおい おそらの そこ ふかく、

うみの こいしの そのように、

よるが くるまで しずんでる、

ひるの おほしは めに みえぬ。

  みえぬけれども あるんだよ、

  みえぬ ものでも あるんだよ。

ちって すがれた たんぽぽの、

かわらの すきに、 だアまって、

はるの くるまで かくれてる、

つよい その ねは めに みえぬ。

  みえぬけれども あるんだよ、

  みえぬ ものでも あるんだよ。

  

=====================

「みえぬけれども あるんだよ、

みえぬ ものでも あるんだよ。」

と、何度も口ずさんでみませんか?

目に見えるものだけが存在しているのではない、

ということを私たちに思い出させてくれるみすゞさんの詩です^^

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花が咲いた ハブランサス♡

咲きました~ ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

女の子とは?  金子みすゞの時代(100年前)と50年前、そして現在、未来は~

50年も前になるが、私の高校は公立の女子高校だった。(現在は男女共学になっている。)ある古文の授業で、高齢の男の先生が呟いた。「君たちはいいなぁ~」と。話しを聞いてみれば、「君たち、女子には3つのチャ …

おひさん あめさん     <金子みすゞ童謡絵本>

2002年に発行された 金子みすゞ おひさん あめさん という童謡絵本があります。森川百合香・絵 矢崎節夫・選 で、金子みすゞの詩が15編載っています。 ≪おひさん あめさん≫ ほこりの ついた しば …

童謡詩人・金子みすゞ「お菓子」~良心の痛み

おかし   童謡詩人・金子みすゞ いたずらに一つかくした 弟のおかし。 たべるもんかと思ってて、 たべてしまった、 一つのおかし。 かあさんが二つッていったら、 どうしよう。 おいてみて とってみてま …

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「空の鯉」~みすゞコスモスへようこそ

空の鯉   詩・金子みすゞ お池の鯉よ、なぜ跳ねる。 あの青空を泳いでる、 大きな鯉になりたいか。 大きな鯉は、今日ばかり、 明日はおろして、しまわれる。 はかない事をのぞむより、 跳ねて、あがって、 …

 

  • 53現在の記事:
  • 7今日の閲覧数:
  • 72昨日の閲覧数:
  • 34032総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 72一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: