三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 童謡詩人 金子みすゞの詩

2冊の本 金子みすゞ童謡集<睫毛の虹>

投稿日:2019年8月27日 更新日:

子どもの心の動きをとらえていて、思わずフフッと笑ってしまう、お茶目なみすゞさんの詩が、<睫毛の虹>です。

<睫毛の虹>

ふいても、ふいても

湧いてくる、

涙のなかで

おもうこと。

ーーーあたしはきっと、

   もらい児(こ)よーーー

まつげのはしの

うつくしい、

虹を見い見い

おもうこと。

ーーーきょうのお八つ(おやつ)は、

   なにか知らーーー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

金子みすゞの詩に深く感動し、みすゞの温かく繊細な感性の世界観を、世界の人々に知ってほしいとの思いから、みすゞの詩の英訳と、その詩を絵に描かれた方がおられます。よしだみどりさんです。みどりさんがみすゞの26の詩を選んで、英訳の詩をご自身の絵と共に出版した本が<睫毛の虹>という金子みすゞ童謡集です。

この本を、主人が娘の大学進学祝いに贈りました。

それから10年後、今度は私が外国にいる娘に結婚祝いでまたこの本を送ってしまいました。「2冊あるよ!」と言って、娘が2冊の本を写真に撮って送ってくれたという思い出の本となりました、、、。

娘の幼い頃のエピソードを思い出します。何があったか定かではないのですが、「私、もらい児みたい、、、」と、弟に話したことがあるようです。

この<睫毛の虹>の詩を読むと、幼い頃のほろ苦い思い出があなたにも蘇ってきませんか?

-ばあちゃん(さっちゃん), 童謡詩人 金子みすゞの詩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おひさん あめさん     <金子みすゞ童謡絵本>

2002年に発行された 金子みすゞ おひさん あめさん という童謡絵本があります。森川百合香・絵 矢崎節夫・選 で、金子みすゞの詩が15編載っています。 ≪おひさん あめさん≫ ほこりの ついた しば …

房咲きのオーシャンブルー

おはようございます^_^ こちら、今朝は雨です、、、 オーシャンブルーの特徴は房咲きです。 明日はこの房に3個の花が咲くでしょう♡ ↑ 応援クリック、いつもありがとうございます♪

繭と墓(マユとハカ)・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

蚕(カイコ)は繭(マユ)に はいります、 きゅうくつそうな あの繭に。 けれど蚕は うれしかろ、 蝶々になって 飛べるのよ。 人はお墓へ はいります、 暗いさみしい あの墓へ。 そしていい子は 翅が生 …

「ブランコが喜んでる〜」 公園の孫

土曜日の昼下がり、久しぶりに孫と公園に来た。4歳6ケ月。まだそれほど熱心ではないが、自転車に乗る練習をしたり、砂遊びをしたり、、、。滑り台、ブランコ、一通り遊んで「さあ、そろそろ帰ろうね。また、来よう …

七十の手習い

人生50年と言われた時代から、平均寿命が延び、今や人生100年の時代だ。 老人介護施設で働く私は、おじい様おばあ様から時には「そこのおねえさん!」と呼ばれて、「この職場は悪くないね。こんな私でもおねえ …

 

  • 69現在の記事:
  • 122今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 33190総訪問者数:
  • 107今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 152一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: